歯並びが悪いといっても様々なパターンがあります。ですから、患者さんの症状によってそれぞれ治療法や期間が異なります。治療方針は初診相談に来ていただき、口の奥の中の審査とお写真を撮る事である程度はわかります。また、当院で矯正治療を行い、その後、症例提供のご協力いただきました患者さんから、類似ケースのお写真をお見せする事で治療のイメージもする事ができます。

 

 

記録写真は本当の事を伝えてくれる大事な資料です。実は評価しやすいようにしっかりとした企画 があり専門的に撮影しています。症例集の正しい見方についてはこちらをご参考下さい。

 

 

以下に、治療終了患者様のご協力のもと代表的な歯並び別に原因・症状・治療症例をまとめています。一部の写真のみになりますが是非、ご参考にして下さい。「矯正治療は価値のある治療なんだ」と感じてくれれば幸いです。なお、症例画像は同意をいただいた患者様のみ掲載しております。成功ケースのみ選択掲載しているという事にならないよう、多くのケースを載せております。

 

 

矯正治療は自由診療であり症例画像は、「医療広告ガイドライン」の限定解除項目になります。以下の項目を遵守する必要があります。本サイトはこれに、したがっております。

  • 医療に関する適切な選択に資する情報であって患者等が自ら求めて入手する情報を表示するウェブサイトその他これに準じる広告であること
  • 表示される情報の内容について、患者等が容易に照会できるよう、問い合わせ先を記載することその他の方法により明示すること
  • 自由診療に係る通常必要とされる治療等の内容、費用等に関する事項について情報を提供すること
  • 自由診療に係る治療等に係る主なリスク、副作用等に関する事項について情報を提供すること

 

 

また、日本矯正歯科学会のホームページ倫理審査指針では、治療症例毎に以下の情報を明記した場合のみ、掲載可能としております。
① 主訴、②診断名あるいは主な症状、③年齢、④治療に用いた主な装置、⑤抜歯 部位、⑥治療期間、⑦治療費、⑧リスク副作用

 

 

 

 

 

 

 

データ削除希望の方は連絡下さい。また画像の無断転用は固く禁じます。