部分矯正

部分矯正 適応 安い

 

部分矯正は患者さんのニーズと症状があった場合、非常に効果のある治療です。

 

 


3つの大きなメリット


実際、歯並びの症状が軽いのに、高額な費用をかけて全ての歯を2年間近く動かす治療を受ける事には抵抗がありますよね?もしも症状が限局している場合は、低価格で部分的に短期期間で治療を終了する事も可能です。

 

 

・費用を押さえられる。

・気になるところだけを治せる。

・平均6か月と治療期間が短い。

 

 

費用・治療箇所・治療期間を下げる

 

 

 


部分矯正で治せる歯並び


前歯の部分矯正治療で改善できる主な歯並びは2つです。意外と少ないと感じるかもしれません。

 

 

・前歯のすきっ歯(正中離開といって真ん中が空いているだけの症状が有利です。)

・1歯だけの位置が悪い歯並び(左右対称であれば2歯でも大丈夫です。)

 

▶︎実際のケースをみてみる…

 

部分矯正

 

 

 


注意点


部分矯正の適応症は実は多くはありません。
上の前歯が出ている出っ歯・スペース不足が強い八重歯・下の前歯が上の前歯の根元を噛んでいる過蓋咬合などは前歯だけの部分矯正で治療する事は難しいといえます。(詳しくは…)

 

 

治すのは主に1ブロックになります。歯並びを6ブロックに分け、1ブロックのみ治します。2ブロック以上の場合は治療範囲が広く本格矯正になる場合が多いです。

部分矯正・1ブロック

また、治療後は本格矯正と同じように、リテーナーおよびメンテナンスは必要になります。動かす範囲も少ない場合、少しの後戻りも気になりやすいためフィックスリテーナーを必ず使用します。(詳しくは…)

 

 


治療例


右上前歯1本のねじれが気になっていました20代女性の方です。他院では、本格矯正治療を勧められていたのですが、治療期間がどうしても気になっていました。それは、1年後からしばらく海外に行く予定があったからです。

 

 

このように部分矯正をされる方は、社会環境的な問題で「治療期間を短縮したい」という患者さんのニーズに答える事ができます。

 

 

審査結果は、スペース不足が軽度である事と、既にお住まいが遠方で通院に時間がかかる事を考え、部分矯正で治療を行う計画を立てました。歯を並べるスペースはストリッピングといって歯に細いヤスリを入れて獲得しています。表側矯正装置を装着して歯並びは約6か月で改善し、フィックスリテーナーと取り外しリテーナーをセットして、治療を終了しました。

 



歯のストリッピングとは部分矯正でよく行う治療方法です。ドリルで虫歯を治すように歯を削るのではなく、 専用のヤスリで歯と歯の間を0.2~0.4mmほど削ります。前歯の隙間5箇所にストリッピングを行うだけで2~3mmのスペース獲得する事ができるとても安全で有効な方法です。(詳しくは…)

 

 

 


目立たない矯正装置を併用する事も可能


半年程度とはいえ、治療は治療。「できるだけ気づかれない装置を使用したい」「取り外しのできる装置を使用した」といった希望はあります。全ての方が適応というわけではありませんが、「裏側部分矯正」と「マウスピース部分矯正」という治療方法を選択する事が可能です。(詳しくは…)

 

 

 

 

 


治療費用


診断料 ¥37,000+tax

 

 

各種装置別治療費 

1.表側部分矯正       ¥300,000+tax

2.マウスピース部分矯正   ¥380,000+tax

3.裏側部分矯正       ¥380,000+tax 

 

※全てリテーナー代込みになります。

※2ブロック以上の治療・上下の歯並び改善を希望の場合は、非適応になる場合があります。