「でこぼこ」の歯並びは専門的には「叢生」と呼びます。歯列が顎の中に並びきらず前後に逸脱したり捻れて並んでいる状態を指します。一般的には虫歯や歯周病になりやすいと言われていますが、海外論文では、歯磨きさえしっかり行なっていれば、叢生がそういった感染性疾患の増加に直接影響はしていないというデータも出ています。ですから、主に前歯の噛み合わせと見た目の問題の解決のために治療を行っていきます。

歯とあごの大きさのバランスの悪さによるスペース不足が原因とされています。治療方法はスペース不足量によって異なります。軽度であれば歯列拡大や後方移動にストリッピングを併用します、歯1本分程度のスペース不足の場合は小臼歯抜歯を併用します。

まだ永久歯列になっていない、小児期からの矯正治療のスタートには各学会によって、賛否両論があります。当院は長期治療になる場合は積極的には小児矯正は行っておりません。

30代男性・マウスピース型装置・抜歯

八重歯・インビザライン

<症例概要>
主訴:八重歯
年齢・性別:30代男性
住まい:千葉県八千代市
症状:叢生
治療方針:抜歯空隙閉鎖・ストリッピング・左下後方移動
抜歯:上両側第一小臼歯(計2本)
治療装置:商品名(インビザラインフル・薬機法対象外※)
治療期間:1年4か月
アライナー枚数:40+22+11ステージ
リテーナー:下フィックスタイプ+上プレートタイプ
治療費用:900,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります(詳しくは)。

八重歯ケースはマウスピース型矯正装置の得意なケースです。抜歯した方が場合によって治療期間が短くなるケースもあります。1年半以内という短期間で終了できました。歯肉退縮が起きている下の前歯は多少歯肉のラインが回復させる事ができました。

30代女性・マウスピース型装置・抜歯

叢生・インビザライン

<症例概要>
主訴:前歯の歯並びが悪い
年齢・性別:30代女性
住まい:千葉県八千代市
症状:叢生・クロスバイト
治療方針:抜歯空隙閉鎖・右下後方移動・ストリッピング
抜歯:右上第一小臼歯
治療装置:商品名(インビザラインフル・薬機法対象外※)
治療期間:2年6か月
アライナー枚数:60+26+14+14ステージ
リテーナー:上下フィックスタイプ+上下クリアタイプ
治療費用:900,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります(詳しくは)。

歯並びのアーチフォームも非対称な歯列不正であったため、右上のみの変則的な抜歯を行い、左右対象に歯列を揃えました。

大学生女性・マウスピース型装置

<症例概要>
主訴:前歯の歯並びが悪く噛めない
年齢・性別:大学生女性
住まい:千葉県八千代市
症状:叢生・クロスバイト・軽度開咬
治療方針:上顎後方移動+ストリッピング
治療装置:商品名(インビザラインフル・薬機法対象外※)
治療期間:1年4か月
アライナー枚数:30+15+11ステージ
リテーナー:上フィックスタイプ+上下クリアタイプ
治療費用:900,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります(詳しくは)。

前歯のでこぼこと上下の前歯が噛んでいない事を治したい希望でした。スペース不足は軽度であったため、治療はマウスピース型矯正装置【インビザライン・薬機法対象外】を使用し短期間で完了する事ができました。前歯の噛み合わせの悪いケースは一番のマウスピース型矯正の適応症になります。

20代女性・ハーフリンガル ・抜歯

叢生・ハーフリンガル

<症例概要>
主訴:前歯の歯並びが悪い
年齢・性別:20代女性
住まい:千葉県千葉市
症状:叢生・切端咬合
治療方針:抜歯空隙の閉鎖(中等度固定)
治療装置:ハーフリンガル(クリッピーL+クリアティ)
抜歯:上第二小臼歯、下第一小臼歯(計4本)
治療期間:2年3か月
リテーナー:上下プレートタイプ+クリアタイプ+フィックスタイプ
治療費用:1,100,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

治療前は下顎前歯の叢生によって、多くの歯石がついているだけでなく、前歯が交叉咬合になっており噛めない状態でした。上だけ裏側のハーフリンガルで一目も気にせず矯正治療を完了する事ができました。前歯でサンドイッチが噛めます!

大学生女子・表側装置・抜歯

叢生・成人矯正

<症例概要>
主訴:八重歯
年齢・性別:大学生女子
住まい:千葉県八千代市
症状:叢生・クロスバイト
治療方針:抜歯空隙閉鎖(中等度固定)
抜歯:上下第一小臼歯(計4本)
治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)
治療期間:2年
リテーナー:上下プレートタイプ+フィックスタイプ
治療費用:900,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

上下顎のでこぼこ症例です。通法通りの第一小臼歯を4本抜歯を行い、前歯の並べ後ろに引っ込めました。治療後の今では周りの人に矯正治療の良さを伝えてくれ、他の友人が矯正治療を考えるくらいだそうです。

高校生女子・マウスピース型矯正装

叢生・インビザライン

主訴:八重歯
年齢・性別:大学生女子
住まい:千葉県八千代市
症状:上下顎叢生
治療方針:歯列拡大・ストリッピング
治療装置商品名(インビザラインフル・薬機法対象外※)・顎間ゴム
抜歯:下両側親知らず(計2本)
治療期間:1年1か月
アライナー枚数:25+10ステージ
リテーナー:上下プレートタイプ・下フィックスタイプ
治療費用:900,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります(詳しくは)。

上下のでこぼこを歯列拡大とストリッピングにて配列しました。親知らずも抜歯をしてくれたため、後方歯列もスペースのゆとりができ、治療期間の短縮に繋がりました。

高校生女子・表側装置・アンカースクリュー

叢生・アンカースクリュー

主訴:八重歯
年齢・性別:15歳女性(高校生)
住まい:千葉県船橋市
症状:上下顎叢生・右側II級咬合
治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)・アンカースクリュー
治療方針:右上奥歯の後方移動
抜歯:なし
治療期間:1年9か月
リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ
治療費用:800,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

右側が八重歯になっているケースです。右上の奥歯をアンカースクリューを使用して後ろに後方移動してできたスペースに犬歯を配列しました。写真ではスクリューの使い方はわかりずらいのですが、玄人好みの治療です。ミニスクリューを使用する事で通常では難しい歯の動きをも能にしてくれます。

アンカースクリューは歯槽骨が安定する15歳以上の患者さんに使用しています。将来的には埋まっている親知らずは再発防止のため抜歯を推奨しています。

高校生女子・表側装置・抜歯

叢生・表側矯正

主訴:前歯の歯並び
年齢・性別:高校生女子
住まい:千葉県八千代市
症状:上下顎叢生
治療方針:上顎抜歯空隙閉鎖(中等度固定)・ストリッピング
治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)
固定装置:ナンスホールディングアーチ
抜歯:上第一小臼歯(計2本)
治療期間:2年
リテーナー:上プレートタイプ、下スプリングタイプ
治療費用:820,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

上顎前歯の不揃いの治療です。上の小臼歯を2本抜歯して後ろに隠れている側切歯を配列しました。夜間の顎間ゴムもしっかり装着してもらい、治療もスムーズに終了しました。

小学生女子・2段階治療・表側装置

叢生・小児矯正

主訴:前歯の歯並びが悪い
年齢・性別:10歳女子
住まい:千葉県船橋市
症例問題点:上顎犬歯萌出スペース不足・II級咬合
治療装置:サービカルヘッドギア・白い表側側矯正装置(クリアティ)
治療方針:上顎後方移動
抜歯:なし
治療期間:2年
リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ
治療費用:740,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

スペース不足による八重歯のケースです。初診時にまだ上の12歳臼歯が生えていなかった事と、患者さんが非抜歯希望であったため、夜間にヘッドギア装置を用いて、準備矯正を行いました。適切な時期に使用できたため、上の奥歯は後方に動き6か月ほどで犬歯の生えるスペース獲得できたため、無事そのままを歯を抜かずに配列する事ができました。

準備期間6か月、ワイヤー装置期間は1年6か月で、トータルで治療期間は2年です。14歳以下でスタートすると多くのケースはワイヤーをつける期間は1年〜2年以内と早く終わる事ができます。

小学生女子・2段階矯正・表側装置・抜歯

叢生・小児矯正

主訴永久歯が並ばなそう
年齢・性別:9歳女子
住まい:千葉県八千代市
症状:永久歯萌出スペース不足・II級咬合
治療方針:上顎歯列後方移動・抜歯空隙閉鎖(最大固定)
治療装置(1期):サービカルヘッドギア
治療装置(2期):白い表側側矯正装置(クリアティ)
固定装置:ナンスホールディングアーチ
抜歯上下第一小臼歯
治療期間:2年(1期)+1年8か月(2期)
リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ
治療費用:780,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮
その他の副作用とリスクについて▶︎

小学生4年から通っていくれているYさん。中学1年生で治療完了!まずは、準備矯正で夜間ヘッドギアを使い犬歯の生えるスペースを確保しました。その後、本格矯正で4本小臼歯抜歯を行い、前歯の後方移動と仕上げを行いました。全部で3年半近くですが、準備(1期)から始めるとゆっくり治療ができます。