すきっ歯とは、専門的には空隙歯列と言い、主に前歯などに隣接する歯に接触がなく、歯と歯の間に隙間が開いている状態の事です。比較的治しやすい歯並びなのですが、後戻りもしやすい歯並びでもあります。特に前から見て目立ちやすい前歯の真ん中が開いている状態を正中離開と呼びます。治療後は後戻りしないように歯の裏面にワイヤーによる留め具をつけておく必要があります。

 

正中離開のみであれば部分矯正も可能▶

 

原因としては、歯の形の問題や、低位舌など機能的な問題が原因である事もあります。