部分矯正治療は動かせる歯の数と、移動量に制限があります。

 

 

 

すきっ歯・大学生女子・マウスピース型装置

正中離開症状のみで、他に問題がないため、上のみマウスピース型矯正装置【インビザラインライト】にて半年で治療完了しました。

 

 

 

前歯の捻れ・20代男性・マウスピース型装置

前歯の1本だけの捻れの改善希望です。マウスピース型矯正装置【インビザライン】を上のみ使用しました。一見、わずかの捻れなので治療は簡単そうに見えますが、マウスピースは歯の回転作業を行う事を苦手としているため、リカバリー装置が必要となりました。リンガルボタンという装置からゴムで捻れをとりました。

 

今回はマウスピース型矯正装置を使用しましたが、このようなケースは裏側部分矯正装置の方が向いているケースになると考えます。

 

 

主訴:前歯の捻れ

年齢・性別:20代男性

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:右上1番捻転

治療装置:インビザラインライトパーシャル

治療方針:ストリッピング

治療期間:6か月

アライナー枚数:14ステージ

リテーナー:上プレートタイプ・上フィックスタイプ

治療費用:380,000(+税)

 

 

 

叢生・大学生女子・マウスピース型装置

上下顎叢生の改善を行いました。歯並び全周に渡ってIPRといって歯に0.5mmづつヤスリをかけ、少し前歯も後ろに下げました。移動量が多くなかったためインビザラインライトを使用して半年で終了しました。ライトの場合は14枚のアライナーを交換です。

 

上下顎叢生の改善を行いました。歯並び全周に渡ってIPRといって歯に0.5mmづつヤスリをかけ、少し前歯も後ろに下げました。移動量が多くなかったためインビザラインライトを使用して半年で終了しました。ライトの場合は14枚のアライナーを交換です。