ブログ

ブラケット(矯正装置)がよく外れる3つの原因

矯正装置が故障しやすい患者さんは、噛む強さ・歯の形・歯磨きのどれかに問題があります。

 

 

矯正装置 外れる

 

 

昨日、寿司を買って帰ったのですが子供が最近、寿司も食べ始めるようになったので、お父さんに残っていたのはイカとカッパ巻きだけでした(笑)このイカ、矯正治療中の人は危険な食べ物です。矯正装置が結構外れます。私も矯正治療を受けていた時は、これで何回か外してしまった事があります。硬い食べ物や弾力性のある食べ物は、噛む時に1点に強い力がかかるため、矯正装置を外しやすいです。注意しましょう。

 

 

 

矯正装置がよく外れる人は一定数いる

食べ物も気をつけているのだけど、なぜか矯正装置が外れるという人は私の感覚だと10%くらいいます。ブラケットなどの装置が外れると、邪魔だったり、ワイヤーが刺さったり、付け直しに医院へ行ったりとちょっと面倒です。これが何回も起こると、段々通院が嫌になってきます。連れて行く保護者にはもっとストレスが溜まります。ですが、矯正装置が故障すると治療が進みませんので、やはり調整に行っていただきたいところです。

 

この矯正装置が故障したり外れやすい人の特徴には3つあります。

 

 

噛む力が強い

人の力は最小で30kg、最大で100kgと個人差があります。さすがに直接100kg矯正装置に力がかかったら歯から外れます。むしろ外れてくれないと歯にダメージが加わります。この咬む力が強い方の特徴としては、深咬み(下の歯が上の歯に隠れて見えない)や骨格が短頭型といって下顔面が幅広の方に多いです。

 

 

 

矯正装置の接着面積が歯に少ない

小学生〜中学生のころはまだ歯の萌出期で完全に歯が出きっていません。また、歯の磨耗が著しい方や歯茎が腫れている方は、歯茎からみえる歯の頭の高さが低くくなっています。やはり矯正装置をつける歯の面積が小さい方は接着も弱い傾向にあります。

 

また、銀歯やセラミックの歯には、そのままでは矯正装置が接着しません。先に表面処理を行なったり、特殊な接着材が必要になります。これらを行なっても、天然歯よりは弱いと言えます。

 

 

 

歯ブラシが良くない

歯ブラシの状態と矯正装置の脱落は意外と関係あります。歯ブラシが悪い患者さんは装置装着前のクリーニングで歯の汚れが完全に取りきれない事と、歯の表面がうっすら初期虫歯になっている事から矯正装置の接着を弱くします。残った歯垢の上からや、エナメル質が溶けている虫歯の上からは、接着剤は上手くつきません。

 

 

矯正装置の故障が起きる患者さんは、上の3つ中の1つだけ要素があるという人は少なく、大体2つか3つの要素を持っています。ですが、故障が起きやすいのは治療の初期(6ヶ月程度)である事が多いです。その後は多くの方は安定します。外れやすい方は、最初のころだけ我慢しましょう。

 

 

 

矯正治療の流れについて詳しくは…▶︎

このエントリーをはてなブックマークに追加