ブログ

矯正治療で抜歯した隙間が埋まらない理由

■まきの歯列矯正クリニック 院長 牧野正志

抜歯した隙間が最後中々閉じず、治療が終われないという事があります。これは治療の終盤は歯根の移動量が多いからです。


小臼歯抜歯空隙の使い方

矯正治療で、「でこぼこがある歯列」や「前へ傾いている前歯」を正しく並べるためには小臼歯という前から4・5番目の歯を抜歯して大きく隙間を作る事があります。小臼歯は平均7.5mmの横幅があり、左右両方の歯を抜歯すると1.5cmくらいの歯を並べる隙間を作る事ができます。この隙間を抜歯した両隣にある前歯と奥歯を引っ張り合いして、時間をかけて閉じていきます。

<小臼歯抜歯空隙の隙間>
<小臼歯抜歯空隙の隙間>

抜歯空隙の閉鎖は、最初は順調に閉じていくのですが、治療の終盤になるとわずかの量が中々閉じなかったり、また開いてきたりする事があります。「もう少しで矯正治療が終わりそうなのに、最近治療が進んでいない」と患者さんは感じてきます。この現象を説明してきます。

歯根を動かすのには時間がかかる

抜歯空隙を閉じるステージは大きく分けて2つに分かれます。それは、でこぼこや出っ歯を治すために傾斜移動と呼ばれる歯を傾けながら動かすステージと、その後に残った空隙を歯体移動と呼ばれる歯を平行移動させるステージです。

傾斜移動のステージでは、歯茎に埋まっている歯根の動きは少ないため、早いスピードで歯を動かす事ができます。ワイヤー矯正治療の装置をつけて最初の半年間は、とにかく歯がきれいに並んで行くのが嬉しいのですが、これは傾斜移動は先行して起きているからです。

一方、歯体移動ステージは、歯根の動く量が多くなります。炎症反応により歯茎の中のアゴ骨が再構成され、歯根は動きますので非常に時間がかかります。同じ距離を動かすのに傾斜移動の4倍くらいもの時間を要してしまいます。

<傾斜移動と歯体移動による空隙閉鎖>
<傾斜移動と歯体移動による空隙閉鎖の違い>

抜歯隙間が中々閉じない理由は歯体移動が起きているから

矯正治療中は、この「傾斜移動」と「歯体移動」が交代づつ起こります。傾斜移動だけで抜歯空隙閉鎖を行えるケースは多くなく、歯体移動も少なからず必要です。例えば、先に傾斜移動が起きていて、どんどん抜歯空隙を閉鎖できた場合は、最後の最後で歯体移動が必要になります。この瞬間、抜歯した隙間が閉じるスピードが1/4程度になり一気に遅くなります。この時、これまで順調に歯が動いていたのに最後の1mmの隙間がいつまでたっても閉じない事に、患者さんは少し不安感を持ちます。ですが、たった1mmの空隙閉鎖でも歯体移動をさせなくてはならない場合は、半年以上かかる事もあるのです。

特に下の前から5番目である下顎第二小臼歯を抜歯した場合は、抜歯空隙閉鎖に時間がかかります。これは、隣の歯根が太く平行移動に期間がかかる第一大臼歯を多く動かさなくてはならない事と、下顎は上顎と比較して骨密度が高く、アゴ骨の再構成に時間がかかるからです。

その他の理由

抜歯空隙が閉じない理由として次のような理由もあります。
歯茎のタイプによっては抜歯空隙を閉じるにつれ、上に盛り上がっていく方もいます。これが角化して硬い歯茎の場合は、隙間を閉じる事を邪魔する事もあります。歯肉が歯を覆うくらいまで膨れている場合は、歯肉肉切除術を行う必要があります。

また低位舌といって、舌が常に歯をさわっていると、歯を前に押し出し抜歯空隙に隙間が開く力がかかります。口腔筋機能訓練(MFT)といって、舌を正しい位置におくトレーニングをする必要があります。

治療後に抜歯空隙がまた開く事もある

患者さんも矯正治療にかけられる期間にも限りがあります。治療終了予定時期が最初から決まっている場合などは、仕方なく多少強引な方法を取らざるえない事もあります。歯根が短くなる歯根吸収のリスクが上昇するのですが、強い力をかける事ができるバネ型のワイヤー装置などを使用して強制的に傾斜移動させ抜歯空隙を閉じる事もあります。ですが、個々の歯茎や歯の状態によっては、歯体移動が難しく仕方のない可能性もあります。これが決して悪い治療という訳ではありません。

急いで抜歯空隙閉鎖を行うと、リテーナーを使用していても治療後すぐ抜歯空隙が開いてくる事があります。この量が0.5mm以内であれば、審美的にも目立たず、機能的にも問題はないためそのままにしておく事になります。

<抜歯空隙が残っていても問題はない>
<抜歯空隙が残っていても問題はない>

全てのケースが治療後に抜歯空隙が再び開いていく訳ではありませんが、出っ歯症例など、大きく前歯を歯体移動させた方に起きやすいと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加