ブログ

マウスピース型矯正装置では口ゴボを非抜歯で治せないのか?

■まきの歯列矯正クリニック 院長 牧野正志

インビザライン・非抜歯・口ゴボ

矯正治療での改善希望が増えている「口ゴボ」について、マウスピース型矯正装置【インビザライン・薬機法対象外】を使って歯を抜かずに治せる適応症について説明します。

※マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置は完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

口ゴボとは?

最近では患者さんが問診票の主訴欄に「口ゴボ」の改善と記入されている事はめずらしくなくなってきました。3年くらい前に「口ゴボ」という言葉を初めて見た時は「ロカボ(糖質コントロール)」の仲間かと思ってしまいました・・・。
あとでネット検索して分かったのですが、単純に口元が「ゴボッ!」と前方に出ている様子を表したSNS用語だったようです。
口ゴボは、矯正歯科専門用語で上下顎前突と呼びます。下あごの骨格の小ささが原因である事が多く、上の前歯があご先の位置よりも前方にかなり突出しています。口を閉じようとすると、口先が前方膨らんだり尖ったような感じに見えます。機能的より美容的な問題に多い不正咬合になります。

口ゴボ
<口ゴボ(上下顎前突)の状態>

口ゴボの治し方

患者さんによって横顔の好みは異なります。同じ横顔でも、ある人は「口ゴボだ」と感じたり、他の人は「ちょうど良い」と思っている事もあります。美容的な要素が強くなるため、人によって治す治さないの評価は異なります。

ただ、患者さんが横顔を大きく変えたいと思う場合は、5mm以上口元を後退させないと「治した感」がでません。そのためには、内側にある前歯を7mm近く後ろに移動させる必要があります。前歯は唇と接触しているため、前歯を後ろに引くと口元はその2/3くらいの量、後ろに引っ込みます。これくらい前歯を後ろに下げるためには、一番歯を並べる隙間を作る事ができる小臼歯抜歯矯正を勧める事が多いです。

口ゴボ 小臼歯抜歯

マウスピース型矯正は奥歯の固定が弱く抜歯矯正は向いていない

口ゴボを小臼歯抜歯をしてマウスピース型矯正【インビザライン・薬機法対象外】で治そうとすると、ボーイングエフェクトと呼ばれる上下の奥歯に隙間ができりる反作用が発生します。これは、前歯を後ろに引く際も固定する奥歯がマウスピースでは弱く前方に倒れてくるからです。結果的には小臼歯抜歯を行ってもワイヤー矯正ほど口元を後退させる事ができない事もあります。ですから、マウスピース型矯正装置で治療する場合、これらを検討して小臼歯抜歯方針は避けられる傾向にあります。

<臼歯の近心傾斜>

こうして、担当医より以下のように提案を受ける事になります。
「歯を抜かないでマウスピース矯正装置で多少口ゴボを治しましょう」

ですが、果たして歯を抜かないマウスピース型矯正治療で、どれくらい横顔の変化があるものなのでしょうか。

マウスピース型矯正で口ゴボを非抜歯で治せるケース

2〜3mmの口元が多少後退するくらいで良い場合は、歯を抜かずに横顔を変化させる事ができる事があります(親知らずは抜歯する可能性はあり)。ただし、これには条件があり、叢生量(でこぼこの量)が少ない場合に、マウスピース型矯正装置インビザラインで非抜歯でも口ゴボの改善が多少可能となります。

上の前歯の角度が前に開いている

口ゴボ・上顎前歯唇側傾斜

上の前歯の「歯軸」といって横から見た時の角度は、難易度に影響します。上の前歯が前開きに傾いている場合は、傾斜移動といって倒し込み移動で比較的簡単に引っ込ませる事が可能です。傾斜移動は奥歯の固定も必要なく反作用も少ないのがメリットです。
一方、上の前歯の歯軸が正常の場合、平行移動で後ろに引かなくてはならなくなります。傾斜移動と異なりこの平行移動は歯根の移動量が多く、奥歯に強い固定源が必要です。マウスピース型矯正治療では難しくなります。

V字歯列で上の前歯が前に出ている

口ゴボ・V字歯列

上の前歯2本だけが著しく前方に出ている「出っ歯」タイプの場合、上の歯並びがV字もしくは三角形型になっており、歯列拡大により前歯を後ろに引っ込めるスペースを簡単に獲得する事ができます。しかも前歯6本ではなく2本のみ後ろに引っ込めれば良いため歯の移動量も少ないです。

上の前歯が縦に長い

口ゴボ・歯が長い

上の前歯を後ろ側に傾斜移動で引っ込める際は、歯の長さが長い方が断然有利です。これは同じ傾斜角度でも、振り子の半径になる歯の長さが長い方が、歯の移動量がは多くなるからです。また、治療後に前歯の先の部分を多少研磨する事が可能であり、歯の形態修正でさらなる改善も見込めます。

条件を満たしても歯を抜かない場合は横顔の変化はわずか

上記の3つの条件を満たしても抜歯を併用した矯正治療と比較すると、口ゴボの変化量はわずかになります。口元をどうしても強く引っ込めたいと感じている場合は、やはり小臼歯抜歯を併用したワイヤー型装置による矯正治療をお勧めします。

マウスピース型矯正の非抜歯の口ゴボ治療例

上記の3つ条件を満たした歯並びで、マウスピース型矯正装置【インビザライン・薬機法対象外】を使用して非抜歯にて治療しましたケースになります。
上の突出している前歯が傾斜移動で後退する事で、口元が2mm後ろに引っ込みした。変化量はわずかですが、口元の緊張感が減少し多少横顔は変化しています。

インビザライン・口ゴボ・非抜歯
インビザライン・口ゴボ・非抜歯
インビザライン・口ゴボ・非抜歯
インビザライン・口ゴボ・非抜歯

<症例概要>
主訴
:前歯の突出
年齢・性別:20代女性
住まい:千葉県八千代市
症状:叢生・上下顎前突傾向
治療方針:歯列拡大、ストリッピング
治療装置:商品名(インビザラインフル・薬機法対象外)・顎間ゴム
治療期間:1年4か月
アライナー枚数:26+15+14ステージ(7日交換)
リテーナー:上下フィックスリテーナー・クリアリテーナー
治療費用:900,000(+税)
代表的副作用:痛み・治療後の後戻り・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮

このエントリーをはてなブックマークに追加