ブログ

切端(せったん)咬合って知っていますか?

切端咬合は軽度の反対咬合と開咬が混ざった状態で前歯で食べ物が咬めません。

オーバージェットとオーバーバイトがゼロ

前歯のかみ合わせを評価する項目としてオーバージェットとオーバーバイトという項目があります。これは、上下の前歯の重なっている部分の長さを横方向と縦方向で測ったものになります。正常値というは両方とも2〜3mmです。この範囲を超えるとかみ合わせに支障が出始めます。

切端咬合というのは、このオーバージェットとオーバーバイトがゼロの状態を呼びます。ゼロといっても、上下の前歯は離れているわけではなく、わずかに接しています。でもこれでは、前歯で咬めません。

ハサミを想像してもらうとわかりやすいのですが、上下の刃が重なることで、モノをせん断することができます。切端咬合の場合は、食べ物をくわえる事ができても噛み切ることができないのです。

<黄色の部分が上の刃と重なって紙を切る>

 

 

切端咬合の原因

切端咬合は、前歯の前後的問題である反対咬合と、上下的な問題である開咬が、軽度に併発している状態です。ですから、反対咬合の原因である下顎の骨格的な大きさの問題と、開咬の原因である舌の位置などの機能的問題の両方を持っている事が多いです。

開咬と反対咬合ついて詳しくはこちら⬇

開咬(前歯が噛んでいない)の矯正治療

受け口(反対咬合)の矯正治療

切端咬合の症状

歯並びの見た目はデコボコなどの症状がないケースもあるため、「噛み合わせが悪い」という主訴で矯正治療を希望される方が多いです。

開咬と反対咬合の症状をそれぞれ持っています。前歯で噛む事ができない分、奥歯に力がかかってしまい、歯の長持ちがしづらいと言えます。顎関節にも影響が出やすいです。また、下の前歯が少し前方にある事で、下唇が前に出ているように見えたり、笑った時に下の前歯が目立ちます。

切端咬合の治し方

開咬症状に向いている矯正装置はマウスピース型矯正装置【インビザライン】が、切端咬合のも向いている言えます。また、反対咬合のように下の歯が前方に出ているケースが多いため、これを引っ込めるために下の親知らずを抜歯しなくてはならない傾向にあります。舌の位置も低位舌という状態になっている事が多いため、筋機能トレーニングが必要になってきます。

開咬の治し方について詳しくはこちら⬇

開咬はインビザライン矯正に向いているワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加