ブログ

実は難しい!すきっ歯の治療計画

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック【千葉県】の院長の牧野です。

今回は、「すきっ歯の矯正治療は、症状によって部分矯正・全体矯正・補綴治療といった方針が立ちます」という内容です。

 

 

矯正相談には様々な歯並びの方がみえますが、治すべきか迷う歯並びの中に「すきっ歯」があります。専門的には空隙歯列と言うのですが、中でも上の真ん中のみ歯と歯が開いているケースを「正中離開」と呼びます。

 

 

この正中離開自体は、「噛む機能として生きてく上で問題があるか?」と聞かれると、実は特に問題はありません。「歯抜けみたいで見た目が良くない」という審美的な問題だけです。それだけに治療を介入するかの判断はとても難しいと言えます。

 

 

海外では「幸福が来る」という理由で正中離開のまま治さず活躍しているセレブモデルもいるくらいです。日本では八重歯は欧米諸国ほど気にしないというのと同じようなイメージです。今回はこの正中離開の治療について説明していきます。

 

 

正中離開・すきっ歯の治療計画

 

 

そもそもなぜ正中離開になるのか?

これには様々な理由があります。ここに挙げるのが代表例ですが、原因不明な場合もあります。

 

・上顎に過剰歯という余分な歯が、正中部の骨に埋伏しているため

・上唇小帯という筋が正中部の歯肉に入り込んでいる

・欠損歯がありスペースが余っている。歯のサイズが小さい、もしくは歯の形が円錐形など先細りの形をしている

・舌を前に出そうとする力や噛む力で前歯が前に押されて、隙間が開いている。

 

 

 

治療に介入するべき?

正中離開だけという方は、実はあまりいません。多くの方は出っ歯(上顎前突)、過蓋咬合(深噛み)などを併発している事が多いと言えます。基本的にはこのような場合は全体的に歯並びを治す本格矯正治療を行う事を推奨します。

 

 

次に、上の犬歯と呼ばれる歯が生えていない小学生の場合は治療は少し待った方が良いと言えます。自然に閉じる可能性がある事と、年齢的に本格矯正治療ができない事が挙げられます。

 

 

また、よく保護者様から相談を受けるのですが、当院では上唇小帯切除は正中理離の治療後の安定性を保証するものではないため推奨しておりません。また、切除するだけでは自然に空隙閉鎖する事もほぼありません。

 

 

 

意外と審美補綴治療もアリ

審美補綴治療と聞くと、ネガティブなイメージですが、ケースによってはこちらの方が矯正治療を行うより良い場合もあります。

 

 

コンポジットレジンという虫歯を治す材料を用いて、1回の来院で歯を大きくして隙間をつめる方法もあります。歯の形や色も問題がある場合は、セラミック材料の被せ物(クラウン)やカバー(ラミネートベニア)をして調整します。

 

 

基本的には、歯の形態的な問題が強い場合で、歯並び自体に問題がないもしくは、正中理離のみ治療を希望されるケースは審美補綴治療の方が向いているといえます。

 

 

サイズの小さい歯や形や色が悪い歯の場合は、無理に矯正治療は勧めません。審美補綴治療適応ケースの場合は、結果的には治療が早く・安く終わり、リテーナーも必要ないため後戻りがしづらいです。

 

すきっ歯の修復

注)審美補綴の場合は当院では行いません。近隣の医院をご紹介いたします。

 

 

 

部分矯正治療は適応か?

部分矯正治療は、前歯を後ろに引っ張ったり、噛み合わせを治す事はできません。ですので、上顎前突や過蓋咬合でない場合のみ部分矯正治療が適応になります。主に上の前歯6本を半年くらいをかけて並べます。正中離開は多少は下の前歯が上の歯の根元に食い込んでいる過蓋咬合を併発している事が多いため、部分矯正を希望の場合、裏側矯正装置は使用できない事が多いです。目立たないマウスピース矯正【インビザラインライト】は対応しています。

 

 

 

正中離開は矯正しても戻りやすい

様々な歯並びの中で空隙歯列は一番戻りやすいと言われています。通常は治療後に戻らないようにするために前歯の裏側にフィックスワイヤーという固定式のリテーナーを接着させます。さらに取り外し式のリテーナーも使用します。

 

このように万全を期しても、残念ながら戻る事はあります。ですから矯正治療を行う事が長期的に考えた場合、必ずしも最善とは言えないのです。

 

正中離開は治療は比較的簡単なのですが、治療後の維持がとても難しい歯並びなのです。

 

 

▶︎部分矯正治療について

このエントリーをはてなブックマークに追加