ブログ

裏側矯正装置の弱点【歯肉炎】の予防方法

■まきの歯列矯正クリニック 院長 牧野正志

裏側装置・歯肉炎

裏側矯正装置は構造上、歯肉炎になりやすいです。予防方法は、電動歯ブラシとデンタルフロスを使用でする事です。

裏側矯正装置のメリット

歯の裏側に矯正装置をつけるリンガル装置を希望される患者様は年々増えています。裏側矯正装置は前から見たときに治療をしている事がほとんどわからないというのが最大のメリットです。それ以外にも、表側の矯正装置と比較して、ブラケット装置のまわりに虫歯ができにくいという特徴もあります。これは、裏側装置の近く唾液が行き渡りやすく、再石灰化が促されやすいという事が理由です。

最大のデメリットは歯肉炎

以前、裏側矯正装置は「発音がしにくい」とか、「舌が切れる」とかが問題と言われていましたが、実際はそのような問題点は、矯正装置の進化と共に大分減少しました。ですが、歯肉炎になりやすいというのは相変わらず残っています。

自分で鏡を見ても見る事ができない裏側矯正装置ですから、ブラケットまわりの磨き残しはどうしても多くなってしまいます。さらに最近はブラケット装置装着の面積の問題で裏側矯正装置の非適応症と言われていた噛み合わせが深い過蓋咬合の患者さんも普通に治療するようになってきました。下の前歯が上のブラケット装置に当たってしまうの防ぐため、上の歯の歯茎ギリギリにブラケット装置を装着しますので、より歯肉炎になりやすい環境になっていると言えます。

裏側矯正が歯肉炎になりやすい理由
<歯茎ギリギリに装着されるブラケット装置>

歯磨きをきちんとしているきれいな歯並びの方でも、磨き残しを確かめる赤染をすると歯の裏側は真っ赤であったりします。磨き残しが歯垢へと変わると体の細菌への防御反応から歯茎に炎症が起こり始めます。これを放置すると赤く腫れ上がり、ひどくなってくると食べ物などによる接触痛も発生し始めます。

歯肉炎になると・・・

一旦歯肉炎になると中々改善しません。ブラケット矯正装置のキワキワまで歯茎が膨らんで盛り上がってきます。内側の歯茎なので見た目はわからないのですが、一番問題になるのは毎回の歯科医院での調整です。

まず歯が歯肉によって隠れてきますので、歯面が見えなくなり確実なワイヤーの調整ができなってきます。そして、結紮といって針金でブラケットを縛ったりする作業を行うと、すぐ出血してしまい痛みも伴います。さらに、ブラケット装置が故障して外れたりすると、歯面が見えなくなり、再装着が困難になってしまいます。

<歯肉炎で歯茎が盛り上がってきている>

矯正中の歯肉炎を治すためには

改善には日々の確実な歯ブラシになるのですが、一度歯肉炎になるとすぐには改善しません。矯正装置を撤去してしまって、普通に歯磨きをすれば1〜2週間で改善するのですが、治療中はそういうわけにもいきません。歯科医院で徹底的にクリーニングをしてから抗生物質の薬を局所塗布したり、電気メスなどで腫れている歯茎を焼き強制的に歯面を露出する形をとります。

<裏側矯正装置撤去時と2週間後の歯茎>

歯肉炎を予防するためには

裏側矯正中に歯肉炎にならないようにするためには、まずは歯磨きです。特に裏側矯正装置を使用の方には、積極的に超音波電動歯ブラシの使用を推奨しております。音波水流の力で、例え歯面に歯ブラシがあたっていなくても歯垢が取れる事が良いところです。

それ以外に当院がお勧めしているのが、デンタルフロス(糸ようじ)の使用です。表側ワイヤー装置の治療をしている方にもおすすめしていますが、こちらはワイヤーが邪魔になるためちょっとしたコツが必要になります。裏側矯正装置の場合は、通して見るとわかるのですが、普通にデンタルフロスが入ります。これは、裏側の場合は表側と比較して、ワイヤーがかなりが歯茎よりにあるからです。デンタルフロスを通す事で、歯茎に隠れている汚れもかなり取れますので、歯肉炎予防に効果的です。ぜひ、毎日行う事をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加