ブログ

歯の動きは1ヶ月で最大0.5mmほど

今回は、「矯正治療による歯根部で計測した動きの量は最大で0.5mm程度である」という内容です。

 

 

先週、矯正装置を作成中にうっかりワイヤーを指に刺してしまいました。それが一週間たってようやく治りました。キズパワーパッドを貼った傷口は跡にならずにキレイに治りました。体の組織は傷つけられると必ず炎症反応を起こし、色んな細胞が集まり傷が治ります。この現象が矯正歯科治療を行っている歯にも起きています。

 

 

 

 

炎症反応で歯は動く

ヒトの歯には根っこ(歯根)があり、歯茎の中の歯槽骨とよばれるアゴ骨に埋まっています。そして、歯に矯正力がかかると、歯根部分が歯槽骨とに押し付けられ、炎症反応が起こります。そして進もうとする方向の骨が溶け、反対の方向に骨ができ、結果的に歯根は前に進んでいくのです。矯正治療は炎症反応だから歯が動く時は最初は痛いんですよね。

 

 

この反応は時間がかかります。3-4週間かけて、ワンクールの反応が完了します。このワンクールで歯根の部分は最大0.5mm程度くらいしか動きません。う〜ん少ない!?でも、どんな矯正治療の方法もこんなものです。しかもすべての歯をいっきに動かせるわけではありません。アンカー(固定源)という考え方があり、歯列がバラバラにならないよう毎回1,2歯づつ動かしていくのです。

 

 

このスピードだと痛みが強く出たりする事は少ないため、生体に適切なスピードと言えます。強い力をかけすぎると、歯根部が耐えられなくなり、「歯根吸収」といって根っこがダメージを受けてしまいます。

 

 

 

マウスピース型矯正装置【インビザライン】(以下インビザラインと記す)では、1つのアライナー(約1週間)で最大0.25mm歯が動く量が設定されています。そうすると、やはり4週間で最大1mmほど歯を動かすシステムになっているわけです。

※例:インビザラインの1か月の変化。矢印の部分がわずかに動き、前歯の捻れ少し回復している。

 

「あれ!?1か月で0.5mmではないのか?」という意見があると思いますが、実際は、この1mmの移動は歯冠といって歯の頭の部分の移動の話になります。歯根部は、結局0.5mmも動いていなかったりするわけです。

 

▶︎少しづつ歯を動かすインビザライン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加