こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

 

今日は、矯正治療後のリテーナーの選択について説明します。既にご存知のように矯正治療後には保定といって、後戻りを予防するステージが必ずあります。そこで使用する矯正装置がリテーナーです。

 

矯正治療後には保定があります。⇨治療後にある保定期間という真実 | まきの歯列矯正クリニック

このリテーナーには大きく分けて2つのパターンがあります。それは、取り外し式と固定式です。これは状況によって使い分けもしくは併用する事もあります。そこで、それぞれの特徴をお話しします。
リテーナーは大切

 

取り外し式(可徹式)

矯正治療後はほぼ上の歯並びは取り外し式リテーナーを選択します。歯を表裏両方から抑えて、歯並びの後戻りを防ぎます。当院では治療後の最低6ヶ月程度はフルタイム使用を義務付けられています。ですからリテーナーをつけていると表面のワイヤーが見えます。一応、成人用に見えづらいクリアタイプのリテーナーもご用意しておりますが、これは耐久性がありませんので長く持ちません。

 

矯正治療後・保定・プレートタイプリテーナー

※プレートタイプリテーナー(院長も今だに夜使用しています。)

 

取り外し式の最大のポイントは、全ては患者さんにかかっているという事です。使用時間を守らなくては効果が薄れてきますし、お手入れや紛失管理に気をつけなくてはなりません。

 

さらに、一度リテーナーを使わなかった事により目に見えて歯並びが戻ってしまったら、再度使い始めても歯並びは元の状態には戻らないところも重要です。リテーナーには歯を動かす機能はありません。

 

固定式

一番戻りやすと言われている下の前歯を中心に、細いワイヤー(約0.5mm)を歯の裏側に接着剤でとめてしまいます。世界基準で治療後2年間は外さない事が推奨されています。

 

 矯正治療後・保定・フィックスリテーナー

※フィクスワイヤーといって前歯6本に接着します。違和感はありません。

 

固定式のポイントは、ワイヤーがついている限りは戻らないという事です。これには安心感があります。ただし注意点としては、

 

・ワイヤーが気がつかないうちに部分的に外れている事がある。

・下の前歯の場合、フロスが通せず歯石が溜まりやすい

・上の前歯の場合、虫歯のリスクがやや上がる。

といった事からワイヤーがついている限りは定期的なメンテナンスが必要です。

 

どちらが良いか?

結局、どちらもデメリットがありますから、当院では取り外し式と固定式を併用しています。前歯のデコボコが強い部分やスペースがあった部分には固定式を必ず装着します。また、固定式装置の保険のためにも取り外し式装置も使ってもらいます。そして2年後は固定式ワイヤーを外すか相談します。

 

長い期間をかけて治療をしていますから、やはり保険はかけておいた方が良いですよね。成人の裏側矯正治療を行った患者さんなどは全て使用の上下固定式ワイヤー+上下プレートタイプ(夜用)+上下クリアタイプ(昼用)なんて方もいらっしゃいます。

 

⇨リテーナーについて詳しくはこちら