こんにちは。まきの歯列矯正クリニック院長の牧野です。

 

レモンが、醤油が、ズキっとしみる口内炎。あれはイヤですよね。一度できると1週間近く治りません。私も今、口の中にあってテンション低めです。

 

口内炎には大きく二つの種類に分けられます。
①疲れが溜まったり胃腸を壊している時にできる体調に左右されるもの
②食事のとき、頬の粘膜を噛んでしまい治癒の過程でできたもの

 

私は以前はよくできていたのですが、矯正治療を終えてからはパッタリ出来なくなりました。私の場合は②だったようです。この粘膜を噛んでしまう②のパターンをを咬傷と言います。

 

 歯並び・咬傷・口内炎

 

咬傷が出来やすいかみ合わせ

正常に噛んでいれば、普通は咬傷というのはできません。咬傷がよくできる方にはある歯並びが関係しています。咬傷ができやすい方のかみ合わせのタイプはこの2つです。

 

A.ハサミ状咬合
B.出っ歯

 

この2つには共通点があります。
上の歯が外に出ていて下の歯と噛んでいない

はさみ状咬合・シザースバイト
 

上の奥歯が外に出ているのがハサミ状咬合です。上の前歯が外に出ているのか出っ歯です。なぜこれらが頬を噛んでしまうかというと、上下の歯の間に大きな隙間があり、食事時にそこに唇や頬の粘膜が入り込んでしますからです。そのまま、この粘膜を巻き込んで噛んでしまい傷ができるのです。

 

食事中に急に「イタッ!」という感じで、噛んでしまい、力が強い場合は出血します。その後は、治りかけたところで、また同じ部位を噛んでしまい中々治らないという事もあります。

 

よく噛傷ができやすい方は、できる部分のかみ合わせをよく見てみてください。そして矯正治療をすることが改善の方法です。

 

 ⇨噛み合わせも矯正治療は治します。