こんにちは。まきの歯列矯正クリニック【千葉県】院長の牧野です。

 

日本でシャアNo.1のマウスピース型矯正装置は、アラインテクノロージ社のインビザラインです。これは、口腔内スキャナを使ったデジタル矯正の一つになります。デジタル矯正は本場で規制も強くないアメリカでは、日本より多くの企業が参入しており、かなりの種類があります。

 

それだけではなく、DIY矯正といって、3Dプリンタなどを利用して、医療機関を通さず自分で矯正治療をするキットまで販売されていたりします。今回はインビザライン以外のマウスピース型矯正装置として、クリアコレクトについてに説明します。

 

 

 

クリアコレクト

クリアコレクトとは2006年に、アライナー歯科医師のWillis Pumphreyと、歯科技工士のPaul Dinhによって開発され、その後改善していき、アメリカでシェアNo.2のマウスピース矯正装置になりました。

 

クリアコレクトは、インビザラインと同じように口腔内スキャナからデータを取りアライナーを作成し、患者さんに1日22時間アライナーを使用してもらう治療装置です。アタッチメントや専用の治療計画ソフトもあります。スキャナは3shape社のTRIOS3がメインのようですが、STLと呼ばれる立体画像データの保存形式に対応しているスキャナであれば、全て対応しています(インビザラインは現在、自社のスキャナi Teroのみ)。

 

クリアコレクトのアライナーを作る工場はアメリカのテキサス州にあります。スイス最大インプラントメーカーのストローマンにクリアコレクトが取り込まれた事で、近々日本にも導入されるそうです。さらに、アジア地域のシェア拡大のために日本にもクリアコレクトの工場ができるプランもあるようです。もし、国内に工場ができた場合、クリアコレクトは、「海外カスタムメイド矯正装置」の分類から外れるため、日本の薬機法の適応になりますから、大きく日本のマウスピース矯正のシェアが変わる可能性を秘めています(現在承認取得中です)。

 

 

※現在のアライナー取り扱い地域

https://clearcorrect.comより

 

クリアコレクトのアライナーの形は歯茎にややかかるくらいカバーしており、インビザラインよりやや大きめになります。ですがその分、維持力が上がるため、歯に装着するアタッチメントの量を減らす事ができると報告しています。全体的なシステムとしては、アライナー配送方法がステップごとという点以外は、インビザラインと変わらないようです。

 

治療費用についてはアメリカではクリアコレクトの方が、インビザラインよりやや安い傾向にあります。

 

他には、デンツプライ社によるシュアスマイルアライナーも日本に導入される予定のようです。日本もマウスピース型矯正装置が色々と選べるようになる事は、競争原理的には良い医療が提供できるようになるという事ですので、歓迎されるべき事だと思います。

 

 

▶︎当院のマウスピース矯正