ブログ

歯科矯正用アンカースクリューの失敗とトラブル

■まきの歯列矯正クリニック 院長 牧野正志

アンカースクリュー トラブルケース

歯茎に直径1.5mm程度のチタン合金のネジを打ち込むアンカースクリューは、多くの矯正治療の患者さんに使用されていてます。ですが、患者さんからは「痛そう」といった非常にネガティブな印象を持っている事が多いです。このアンカースクリューの設置のトラブルについて今回は説明していきます。

スクリュー設置手術に時間がかかる

アンカースクリューの先端1/2〜1/3は、歯茎の下の「歯槽骨」という骨にねじ込んでいきます。「セルフドリリング」機能がついているため、スクリューの先端部分には鋭い刃がついており、硬い骨の部分を自分で回転しながら掘っていきます。

ヒトの骨の表層は「皮質骨」と言って外側の数ミリは非常に硬い骨に覆われています。この部分をスクリューが超えるには時間が必要になる事があります。ローアングルと呼ばれるような比較的アゴががっしりしたタイプの方は、皮質骨が硬く、スクリュー設置に時間がかかる事が多いです。その他、上アゴの真ん中にスクリューを設置する場合も骨が非常に硬く時間がかかります。

アンカースクリュー 皮質骨
<皮質骨の後ろの海面骨は柔らかい>

このようにスクリューが骨に入っていく段階に行くまでの時間は、患者さんによって異なります。普通、スクリューの設置にかかる時間は早い場合だと1本3分程度で終わりますが、時間がかかる方の場合は15分以上かかる事もあります。骨が硬い事をあらかじめ予想できる場合は、「プレドリリング」と言って先に細いドリルで設置予定部位の骨にガイドの穴を開けてからスクリューをねじ込む事もあります。

スクリュー設置中に痛みが発生

アンカースクリューの設置手術前には必ず局所麻酔を行いますが、多くの量は必要としません。虫歯治療などで行う量の1/4程度の量になります。また、過剰に麻酔を行うと、スクリューの先端が誤って歯根に接近している事などもわからなくなってしまう事もあり、麻酔の量は少なめが推奨されています。麻酔の効き方は、患者さんによって差があるため、状況によっては途中で痛みが発生し麻酔を追加しなくてはならないケースもあります。

<特に上の頬側の歯茎は設置できる場所が狭い>

ですが、歯根や神経血管にスクリューの先が近接した時は、かなりの痛みが発生します。この場合は、一度スクリューを外し設置位置の変更が必要になります。また、上の歯茎にスクリューを設置する際には、「上顎洞」という鼻の空洞に先端が近く事もあります。蓄膿などで炎症を起こしているケースや鼻の空洞が広いケースは、スクリューの先端が近接する際に痛みが出るだけでなく、頬全体が痺れてくるような感覚が発生する事もあります。この場合はスクリューの設置を断念する事もあります。

設置したスクリューが口の粘膜に当たって痛い

アンカースクリューはワイヤーやゴムがかけられるようヘッドは歯茎から数ミリ出しておきます。このスクリューのヘッドを出す位置は、他のワイヤー装置などとある程度距離をとるために、歯茎の深い部分に設定します。そうすると「可動粘膜」という普段よく動く頬や唇の粘膜にスクリューのヘッドが出てくる事が多くなります。

この可動粘膜は食事や会話時に常に動いている部分になるため、スクリューのヘッド部分の粘膜が引っ張られ、痛みを生じる事もあります。さらにヘッドが歯茎の深い部分にある場合、歯磨きが行き届かなくなる事で炎症が発生し、痛みが増増加する事もあります。炎症が長く続くと粘膜が膨れてしまいヘッドが埋もれてしまい使用できなくなるケースもあるので注意が必要です。
しかし、この可動粘膜痛みは、時間が立つにつれて徐々に減っていく事が多いです。

<付着歯肉が少なく可動粘膜に設置した例>

設置したスクリューが動く・緩む

アンカースクリューの設置成功率は80〜90%です。スクリューの先端が入る「皮質骨」の硬さや状態によっては、上手くネジ先が引っかからず緩んでしまうケースが一定数存在します。大体は、設置してから1週間前後の頃に緩みは発覚します。患者さんがスクリューの歯磨きをしようとしたら触ると少し動き痛みを感じ始めたというのが多いです。また、実際にスクリューヘッドにワイヤーやゴムをかけ、矯正力を加え始めてから痛みを感じ緩んでしまうケースもあります。

緩んだスクリューは、そのままにしておくと短いものの場合、生体異物反応で自然に歯茎から抜け落ちてしまう事もあります。気がついたら早めに担当医に連絡する必要があります。

一度、緩んでしまったスクリューは、残念ながら使用する事ができません。一度撤去して、設置位置を変えて再手術の必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加