こんにちは、まきの歯列矯正クリニック【千葉県】院長の牧野です。

 

初診相談で、矯正装置の種類の説明をするのですが、最近の成人患者さんの希望は、ほぼマウスピース矯正【インビザライン 】です。今、ウェブでの検索ワードのボリュームとしても裏側矯正のほぼ2倍です。それだけ取り外しができる見えずらいマウスピースによる快適な治療への興味が高いという事です。

マウスピース矯正は以下、商品名インビザラインと記します。

 

 

様々な歯科医院の矯正治療情報サイトの内容も圧倒的にインビザラインです。多くの治療メリットが載っています。ですが、非適応症についてどうするかは、詳しくは書かれていない事が多いです。

 

残念ながら、全ての方がインビザライン治療の対象ではありません。間違えなく非適応症はあります。代表的な苦手な歯並びは、「上顎前突と過蓋咬合の併発」です。これは、上の前歯が前に出ていて、下の前歯が上の歯茎を噛むぐらい深咬みになっている状態の事です。

 

微妙に難しいのがこのような状態でも全てが非適応症であるわけではない事です。
「下の歯に叢生とよばれる強いデコボコがある」
「ロングフェイスと呼ばれ骨格が面長タイプである」
などがあれば、インビザライン治療の適応症であったりします。

 

適応症の分類の確認については、実際に初診相談で口の中を審査する事でお答えする事ができます。当院は、今までの多くの症例経験から、適応症でないパターンも把握しています。

 

さてここで問題になるのは非適応症の場合はどうするか?です。

 

 

非適応症にはハーフリンガル

インビザライン希望の患者さんの多くは、やはり治療中の見た目を気にしています。ですから、いくら白いワイヤーなどを使用しても見える表側のワイヤー装置には強い抵抗がある事が多いです。

 

せっかく、「長年気になっていた歯並びを治そう!」と決めてきたのに目立たない装置で治療できないとなると、一気にモチベーションも下がります。

 

そこで代替手段として裏側矯正【ハーフリンガル】が出てくるのです。

 

多くの非適応症は、上に書いた「上顎前突・過蓋咬合」です。実はこのケース、上下裏側装置で治療を行うフルリンガル治療も補助ワイヤーがないと難しいケースになります。ですから上だけ裏側装置・下は表側装置というハーフリンガルが唯一の治療方法という事になるのです。

 

出っ歯で深咬みの方は、もともと前から見ても下の前歯はほとんど見えません。ですから上のみ裏側装置の治療で十分なのです。

 

▶︎リンガル装置の治療ケース

 

両方できる医院は希少

インビザラインを多く行なっている医院は非適応症を良くわかっています。この場合、患者さんが強い治療希望を示しても、「非適応症には治療をしない」というスタンスが多いようです。そこにハーフリンガル治療ができる医院の価値があると言えます。

 

当院はインビザライン治療だけでなくハーフリンガル治療も得意という希少な矯正専門クリニックです。

 

⇨ハーフリンガルについては