ブログ

【副作用】矯正治療による歯髄壊死

■まきの歯列矯正クリニック 院長 牧野正志

矯正治療による歯髄壊死のリスク

矯正治療中に歯の移動と共に神経血管が切れてしまい壊死する事があります。
全治療患者さんの中で1%以下というかなり少ないリスクである「歯髄壊死」を解説します。

歯の神経が死んでしまう歯髄壊死とは

健康な歯には必ず歯髄と呼ばれる神経血管が通っています。虫歯が進行すると歯質だけでなく歯髄まで細菌の感染が起こります。その結果、炎症反応が起こり歯に痛みが走ります。これを放置しておくと最後は、歯髄が壊死し、歯の色の変色を起こしたりします。この歯の神経血管が失活し回復不可能な状態を「歯髄壊死」と言います。

歯髄
<歯の神経血管も全身と繋がっています>

この歯髄壊死ですが、かなり少ないのですが、矯正治療によっても起きる事があります。歯根の移動量が大きい場合や、もともと虫歯で大きく治療をした歯や以前に外傷を受けて歯髄血管が弱くなっている歯の場合などに、感染がなくとも矯正治療中に歯髄炎が発生し、神経血管が失活してしまう事があるのです。細菌感染がないため痛みを感じない事もあります。しばらくして歯の色が段々灰色に変色してきたり、歯茎から膿が出る事により判明します。

矯正治療中の歯髄壊死

矯正治療中の歯髄壊死は、全てが矯正治療が原因なのか特定する事はできません。ただ、年単位の治療ですので、矯正治療が原因である可能性が否定できないという事です。年齢は関係なく、後発部位としては上の前歯が多いです。前歯は奥歯と異なり歯髄が1本である事も歯髄壊死の可能性を高めています。当院の経験では、歯を動かしてまもない治療開始から3か月以内に発生する事例が2/3を占めています。

さらに、若干ですが表側ワイヤー矯正装置よりマウスピース型矯正装置【インビザライン】の方が発生率は高いという報告もあります。マウスピースは、歯への矯正力のコントロールの管理が難しい事と、着脱時に強い力がかかる事が理由とされています。

私の経験上は、上の前歯を「圧下」といって歯を歯茎方向に沈める力をかけている時に起こる事が多い気がします。これは、元々難しい歯の移動様式であるのに加え、歯髄血管の入り口である歯根の先に圧迫するような強い力かかるからだと考えています。

対処方法

実際、矯正治療中に「熱いものがしみる」など歯髄壊死の手前の急性歯髄炎症状がある場合は、一旦矯正治療の力を弱め経過を観察します。その後、回復傾向になく、歯根部の歯茎が腫れてくるような症状がみられた場合は、一般歯科医院にて根管治療を受けていただきます。歯の変色については、漂白もしくは補綴物により調整する事になります。通常はこの根管治療にかかった費用は矯正治療の保証の対象にはなりません。

常に歯髄壊死が起こる前に何か症状が出るとは限りません。前回の通院時には問題なかったのに、1ヶ月後に突如、膿のふくろが出現することもありますし、矯正治療を終了してから半年後に現れる事もあります。

歯髄壊死・歯根囊胞
<治療後に黄色丸の部分に歯髄壊死による膿のふくろが見える。変色はないが前歯の神経血管が壊死している可能性がある>

歯髄壊死の発生率

当院の経験ですと1000人中で疑わしいものも含め8人いました。つまり発生率は0.8%程度と言えます。年齢や症例の難易度などにも相関性はありません。治療から1年後のメンテナンス中に急に上の前歯根元の歯茎が腫れ、レントゲン写真で見ると歯根の先に膿の像が写っていたというケースもありました。そのまま根管治療を一般歯科医院に依頼し、歯の変色もありましたので漂白もしていただきました。

奥歯の中心結節の破折

小臼歯という奥歯には、中心結節といい噛む面の真ん中が著しく尖っている事があります。この場合は、矯正治療をするしないに関わらず、突起が折れてしまう事で歯髄壊死を起こす可能性が非常に高いです。矯正治療の管理中でしたら、少しづつ突起を研磨して歯髄壊死を防ぐという事を行いますが、それでも突如、突起が破折する事があります。中心突起をみつけたら、早めに一般歯科を受診し研磨をするか、折れないように外堀を埋めてもらうかをした方が良いです。

中心結節
<矯正治療中に中心結節を研磨した例>
このエントリーをはてなブックマークに追加