こんにちは。まきの歯列矯正クリニック【千葉県】院長の牧野です。

 

使用可能な矯正装置や治療方針が2つ以上ある場合、患者さんが選択をする際は、最後は様々な基準で決められます。そこに、検査時の分析結果などから、ニーズに合った方法を説明する形で患者さんをフォローします。患者さんはそれぞれで治療に優先したい事項が異なるため、同じ歯並びで方針は全く異なる事になる場合もあります。

 

その中で最近、増えているのが「後戻りの少ない治療方法が良い」という意見です。

 

矯正治療は長期にわたりますが治療期間が長くても連続4年以上いく事はめったにないです。ですから治療後の生活の方ずっと長いと言えます。そうなると気になるのが治療後の後戻りというのもよくわかります。

 

これに対して「後戻りは治療方法とは関係が薄い」と説明しています。結局は治療後のリテーナーを中心としたメンテナンスと、毎日の生活習慣やセルフケアにかかっているという事です。

※参考文献はありません。あくまでも当院の見解なのでご注意下さい。

 

 

ここでよくある「後戻りしずらい治療」の当院の見解を説明していきます。

 

歯を抜かない矯正治療は戻りやすい

一般的に抜歯方針は歯の配列スペース不足が著しい場合や前歯が出ている場合に併用する方法です。患者さんも、選択可能ならば非抜歯を希望するため気になるところですが、抜歯・非抜歯の方針の違いは後戻りのしやすさとは関係がないと考えています。抜歯方針でも治療後のリテーナーを使用しないと、前歯がでこぼこや出っ歯が再発します。

 

ただ、治療後の患者さんの意見としては、意外と非抜歯方針の方が後戻りしたという意見が多いです。これは、抜歯方針は非抜歯方針と比較して、治療前の歯並びの悪さの度合いが重度であるため、多少の歯並びが崩れても後戻りと認識していないからというのが理由なのではないかと考えます。

 

 

セルフライゲーションブラケットは戻りにくい

メインワイヤーを結紮といって細い針金で縛るのではなく、クリップのようなもので多少ルーズにとめる事ができるブラケット装置です。歯のまわりの組織代謝を上げ、弱い力で矯正治療ができるというのがメリットです。当院でもクッリピー(TOMY製)というブラケットを表側・裏側共に使用しています。

 

これは、セルフライゲーションシステムが良いからという訳ではなく、弱い矯正力で動かせる範囲でしか歯を動かさないため後戻りが少ないという、後戻りしにくいケースを選択しているだけとも言えます。従来型の結紮型とは基本的には変わらないと考えています。

 

 

 

小児用トレーナー治療は後戻りが少ない

以前は、お子さんの小児矯正(1期)では、床矯正と呼ばれるプレート型装置が主流でした。ですが、その役割は今トレーナーと呼ばれるマウスピース型矯正装置に変わろうとしています。歯並びの改善と共に、筋機能や舌習癖改善を同時に行う事ができるのがメリットです。トレーナーは歯並びのまわりからアプローチするため、口腔機能が改善して後戻りしにくいといったコンセプトです。

 

当院ではプレオルソというトレーナーを多数使用しています。確かに、トレーナー向きのケースを選択すると、予後も良いケースもあります。ただし、永遠に装置を使用し続けるわけにもいきません。使用を止めた後に他の治療と同じ後戻りがおきます。装置使用以外のMFTと呼ばれる筋機能訓練の方が重要と言えます。

 

 

後戻りを防ぐにはリテーナーが最優先

まとめると、後戻りについては「治療方針」よりも、「最初の歯並び」「治療後のメンテナンス」の方が影響を及ぼしていると考えます。でも、後戻りといっても「最初の状態まで完全に戻る」という事はほとんどないのでご安心下さい。

 

⇨後戻りしやすい歯並びは開咬

⇨リテーナーについて