ブログ

パワーチェーンのトリセツ

■日本矯正歯科学会専門医 牧野正志

 

今回は、「パワーチェーンという歯を引っ張る網状のゴム」についての内容です。

 

 

パワーチェーン

矯正治療中には、一時的に様々な場所にスペースが空きます。ですから、必ず歯と歯の隙間を閉じるという作業が必要になります。この際に使用する材料として、一般的なのがパワーチェーンです。

 

 

パワーチェーン

<デンツプライ三金社のパワーチェーン(商品名:プロチェーン)>

 

 

このチェーンはブラケット装置やフックに引っ掛けて、歯と歯の隙間を閉じる目的で使用します。チェーンという名前の通り、網状になっていて、引っ張るとこの輪っかが潰れて力が発生します。「パワー」という名前がついていて強そうですが、実際は100g前後の弱い力なので安心してください。

 

 

パワーチェーンは2週間ほどで劣化し力が弱まってきます。実はこれも計算のうちです。歯も休み休み動かした方が良いので、時間が経つとわざと効果がなくなる仕組みになっています。また、ゴム製なのでカレー類を食べると黄色くなってしまいます。色が気になる方は、チェーンをかえたばかりは色の濃い食べ物は控えましょう。

 

 

また、食事中にパワーチェーンが、かかっているフックから外れたり、切れたりしてしまう事もあります。これが来院した直後の場合は交換に来てもらいますが、しばらく経っていて次の来院が近い場合は、特別痛みが発生するわけではありませんのでそのままでも良いです。

 

 

パワーチェーッによる空隙閉鎖

 ※矢印の方向で小さくなろうとする力を利用して歯を動かします。

 

 

食事後は食片が挟まったり、パワーチェーンの下の矯正装置に歯垢がつきます。歯磨きの際は、パワーチェーン少し指で動かして掃除をしましょう。

 

 

通常は、毎回来院ごとに強さを計算した新しいパワーチェーンに交換します。強さには5種類くらいあり、その時々で歯の動きをみて歯科医師が選択しています。パワーチェーンは矯正治療で一番、多用される材料です。隙間を閉じる材料としては、他にはコイルスプリングというバネを入れる場合もあります。

 

 

パワーチェーンは玉数で、強さが変わります。ですから、「右が5玉、左は4玉でかけて〜!」と指示をしている事も多いです。小学生の患者さんに、なんか、「ラーメン屋みたい」と言われました(笑)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加