「私の年齢でも歯列矯正治療は可能でしょうか?」40〜50代のミドルの方からこういった質問をよく受けます。

答えは「Yes!」です。歯列矯正治療に年齢制限はありません。

本当に何歳でも矯正治療はできるのか?

<40代以上の方は毎月平均4人相談に来られています。>

矯正治療というのは、奥歯までの歯が残っており、健康な歯茎があれば誰でもできるのです。信じられないとは思いますが、当院でも、多くの50代の方が矯正治療を今受けています。

歯列列矯正治療は中高生のお子さんなど10代の方がするイメージが強いと思います。数十年前は、矯正治療の種類や治療方針に選択の余地も少なく、まわりに矯正治療の体験者もいる事もマレでした。ですから、限られた患者さんしか治療を受ける事ができなかったのです。

社会人や家庭を持ってから、矯正治療をしたいなと思っても、今度は時間や費用を用意する事ができません。そうしているうちに40-50代になってようやく、余裕ができ矯正歯科医院に相談に来られるのです。

「大人になってからでは歯が動かないのではないか?」と質問される方もいます。ですが、そんな事はありません。歯の動くスピードは、中学生などの成長期は確かに早いく、その後、年齢と共に遅くなっていきます。そして、20代を超えた後は緩やかに遅くなります。ですが治療期間が2倍になったりする事はありません。当院としては治療期間が最長でも2年半以内に収まるように、治療方針を調整する事で、平均2年程度で完成させます。

意外と抜歯は必要ない事も

矯正治療・抜歯
<抜歯をしない方針の方がミドルの矯正には向いている>

大人になると歯を失いたくないという願望は強くなってきます。矯正治療というと、子供の時期から始めた方が抜歯する率が低いという事を聞くことがあると思います。ですが本当は、40-50代の方の方が抜歯をしない矯正治療で対応できる可能性が高まります。理由は2つあります。

前歯を後ろに引っ込めなくても良い事が多い

理想的な口元のバランスは年齢によって異なるという事です。10代の方はどちらかというと前歯が少し後ろに引っ込んでいるような、横顔のE-lineが理想的な歯並びを好みますので、小臼歯を減らす抜歯矯正治療方針を選択する傾向が高いと言えます。抜歯を併用する事で、歯並びが小さくなり少し小顔にもなります。

一方、40-50代の方は、ある程度口元に張りを作った方が良いため前歯は少し出ているくらいがちょうど良かったりします。ですから、できるだけ前歯を後ろに引っ込めるような治療方針は、デコボコが強かったり、かなり出っ歯な歯並びでない限り、歯を抜かない治療方針を選択します。抜歯矯正後に、前歯が引っ込みすぎて、ほうれい線が目立つようになり老けて見える事を心配されている患者さんとても多いからです。

<前歯を後方移動させると、ほうれい線が目立つようになる事がある>

ブラックトライアングルの発生

40-50代の方は、10代に比べると歯茎のラインが下がっている事が多く、普通に歯を並べるとブラックトライアングルと呼ばれる歯茎と歯の間に隙間が目立つようになる事がとても多いです。特に小臼歯抜歯矯正を行うと前歯の傾きが内側に向くため、この空隙が目立ちやすくなります。

ストリッピング・40代矯正
<ブラックトライアングルをストリッピングで減らした例>

この対処法は歯にヤスリをかけ形態修正を行い、逆三角形型の歯の形をホームベース型に、歯と歯の接触面積を広くする必要があります。この作業をストリッピングと呼び、同時に歯並びの排列スペースも獲得する事ができます。

抜歯をする場合は寿命の短い歯を選択

<抜歯の選択基準が異なる>

できるだけ抜歯をしない矯正治療を目指しますが、既に治療済みの銀歯などで、歯の根っこに膿を持っているような歯の場合は、あえて抜歯矯正治療にする事もあります。これは、残していても寿命が短い場合は、矯正治療後に抜歯になった後、再治療にならないように先に抜歯する形です。

また、親知らずに関しては、10代と異なり歯並びを崩す要因ではないため、奥歯の歯並びを動かすためのスペースが足りない場合のみ抜歯します。特に歯並びに影響がなく、横に向いて歯茎の奥深くにある場合はそのままにしておきます。

矯正装置の選択は圧倒的にマウスピース

インビザライン
<10年前には普及していなかったマウスピース型矯正装置>

矯正装置は、適応症であれば当院は絶対マウスピース型矯正装置【インビザライン・薬機法適応外使用】をお勧めしています。それは40-50代の方はマウスピース型矯正装置のメリットを享受しやすいからです。

目立たない

「家族にはバレたくない」という理由でマウスピース型矯正装置を選択する方は、当院に今まで結構いました。実際はどうかというと、「あまりに誰も気が付かないから矯正している事を自分から言った」という結果がほとんどでした。とにかく、「今更あのワイヤー装置をつけるのは恥ずかしい」という意見はかなりあります。

口内炎が少ない

もちろん従来型ワイヤー型装置で矯正治療をする40-50代の方はいらっしゃいます。結局、多くの方は見た目よりも、口の中に針金の装置が入る事によりできる口内炎や食事の取りづらさを気にすることが多いです。マウスピースは接触痛は粘膜の少なく、取り外し可能なので思う存分食事ができます。

自己管理ができる。

10代の方はここが難しいところです。マウスピース型装置は装着時間も交換も自己管理になります。40-50代の方はしっかりされている方がとても多く良好な治療結果が生まれます。

再矯正治療に向いている

昔に矯正治療をした事があって、年月と共に元に戻ってきてしまったという方は増加しております。一度矯正治療を受けた事がある場合、歯根といって歯の骨に埋まっている部分の位置には問題が少ない事が多く、最初から治療を始める方より、比較的短期間で終了する事ができます。