ブログ

ようやく・・・矯正装置を

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック【千葉県】の歯科衛生士Nです。

 

報告が遅れてしまいましたが、2月中旬、ついに… 矯正治療が終わりました!

治療期間は2年4ヶ月くらいでした。

 

 

 

数字だけ見ると長いな~って思いますが、実感としてはあっという間だったな、という感じです。装置が着いた状態に慣れてしまっていたので、装置を外した直後は逆に変な感じでした(笑)

 

しかし、今はなにもついてない状態に見慣れてきて、鏡で自分の歯を見るたびにキレイになったな~と嬉しい気持ちでいっぱいです。昔の写真と比べると、口元が全然違うので自分でもビックリします。

 

今は毎日後戻り防止のためのリテーナーをつけて診療やカウンセリングを行っています。これは全然苦ではないです。

 

 

私は中学生くらいから自分の歯並びにコンプレックスを持っていました。ガタガタだったし、上の前歯が出ていて写真を撮ると前歯が目立ってしまい、とても恥ずかしかったです。友人からはリスみたいでかわいいよ!と言われましたが逆に傷つきました(笑)

 

話すときや笑うときはいつも口元を隠していました。それが今は口元を隠さず話したり笑ったりできて嬉しいです。写真を撮るときもたくさん歯を見せる事ができて写真を撮るのが楽しいです。

 

矯正治療が終わってから会った友人は「あー!装置が外れてる!良かったね^^」とか「すごいキレイになったね!いいなぁ!」って言ってくれました。「横顔がきれい」と言ってくれる子もいて、歯並び以外もよく見てるなとびっくりしました。確かに、治療前と後では全然横顔が違うなと自分でも思います。

 

表現の仕方が変ですが、顎ができた!と感動しました。そしてEライン(鼻先と顎先を結んだ線で口元も線上にあるのが理想的と言われてます)が整ったことにさらに感動しました。治療前はここまで横顔が変わるなんて思ってなかったのでとても嬉しいです。

 

矯正治療をして本当に良かった!と心の底から思いますが、正直言うと大変なこともありました。だからこそ終わったときの感動も大きいと思います。

 

歯が動く痛み(我慢できないほどではないですが)とか、歯磨きがしにくいとか、食べ物がたくさん装置に絡まったり挟まったりして食事中とても気になったりとか色々ありました。しかし今はその事が懐かしいです。きれいになった歯並びを見たらそんな事忘れてしまいます!

 

矯正歯科治療を受けて、歯並びや噛み合わせなどの目に見える変化はもちろんありましたが、一番大きかったのは心理面の変化だったと私は思います。治療を終えて、毎日ポジティブな気持ちで過ごしています。思い出すと、これは治療を始めた頃から感じていましたので、気持ちというのは、きっかけがあれば大きく変わるんだなと感じました。

 

矯正治療になかなか踏み出せない方もたくさんいると思います。確かに矯正治療は大変なこともありますが、やって良かった!と必ずなると思います。実際、私も治療をして本当に良かったと思うので勇気を出して一歩踏み出してほしいです!

 

⇒矯正歯科はやりがいのある仕事です!【歯科衛生士求人】

このエントリーをはてなブックマークに追加