先天性欠如歯がある場合は、一部の除いて準備矯正を行わず中学生くらいまで待機します。その後永久歯列から本格矯正治療を行います。約10%の人が永久歯の数が足りないと報告されています。

 

永久歯の数が足りない部位の乳歯は永久歯に生え替わりません。乳歯は平均的には20代後半で失ってしまいます。6歯以上先天性の欠如歯がある場合は、保険診療の対象になりますが、当院は対応している機関ではございません。

▶︎先天性欠如についての方針はこちら