itero element

 

当院では2015年から徐々に透明なマウスピース型矯正装置【インビザライン】の症例を増やしていき、成人の治療患者の50%がマウスピース型矯正装置になりました。それに伴い、患者さんのPVS印象(シリコン素材による歯型)の不快感や、アライナーの発注から納期までの期間を短縮するため、この度、オーラルスキャナーを導入いたしました。

 

 

昨今はデジタル技術の進歩により、様々な会社より歯科用のスキャナが発売されています。患者さんの口の中の3Dスキャンデータを元にして正確な歯科技工物を作成する技術になります。矯正歯科で同じように3Dデータを利用して、矯正装置を作成するのがトレンドになりつつあります。デジタル矯正の最前線にあるマウスピース型矯正装置作成の使用に、一番有利であるアライン社純正のiTero element(※)を選択しました。全国でもまだ数十台しか使用されていない最新機種になり、発売当初に導入しました。

※口腔内スキャナー(薬機法承認番号22900BZX00222000)

 

 

オーラルスキャナーで撮影した歯列は、STLという立体データで保存・共有が可能です。このデータは裏側矯正装置やリテーナーの作成にも利用する事が可能です。また、嘔吐反射が強い方の精密検査にも使用させていただいております。

 

 

 

 

 

iTero elementによるマウスピース型矯正治療

1.正確に歯列のデータを採取できる。

従来のPVSというシリコン素材による歯型を利用してアライナー装置を発注する場合は、空輸してアラインテクノロジー社の工場で開封して歯型を3Dスキャンを行いデジタルデータに起こします。つまり今までは、二度手間なのです。もちろん、その過程で、様々な人の手が入りますから、スキャン精度は著しく低下します。マウスピース型矯正のキモはその製品の精度になりますの。いかに正確にフィットするマウスピースが作れるかが治療結果に影響します。患者さんから直接スキャンデータを取れる点でiTero elementは有利と言えます。

 

 

2.患者さんが快適

前世代のiTeroに比べ20倍の画像を読み込む事ができるため、スキャン時間も長くて10分程度と速く、患者さんの苦痛がかなり少なくなります。口の中ににまとわりつく歯型の材料を使用しないため口も汚れませんし、もちろん嘔吐反射も起きずらいため快適になります。そして、カメラヘッドカバーは患者さんごとに、毎回新しいものに交換しますので清潔です。

 

 

3.納品が早い

歯型を国際郵便でコスタリカの工場に送る時間が2週間ほど節約できます。ですから、インビザライン治療を検査後に治療を素早くスタートする事ができます。また、治療途中の追加アライナーの発注のためのウェイティング期間も減らす事ができるため、結果的には治療期間が短くなります。マウスピースが届くまでの時間は医療者側も患者さん側もストレスです。

 

 

4.計画と進行度合いの比較が可能

治療結果をクリンチェック(治療前予測)と容易に比較する事ができ、治療の精度を向上させます。また、シュミレーターを内臓しているために、治療後の予測モデルデータもすぐに作成する事ができるため、患者さんが治療前にゴールをイメージする事ができます。

アウトカムシミュレーションについて詳しくは…▶︎