治療後のリテーナー

保定・矯正治療後・リテーナー

 

 

リテーナーとは

矯正装置を除去もしくは取り外し装置の使用を終了した後は保定期間に入ります。保定とは動かした歯を新しい位置で落ち着かさせる期間です。その際は、リテーナーという歯並びの後戻り予防装置を装着していただきます。

このリテーナーを使用しないと、最初の歯並びの状態にもよりますが残念ながら後戻りを引き起こしてしまいます。特に骨が再構成され歯が新しい位置で落ち着くまでの治療後6か月は最も後戻りしやすい期間になります。

 

「保定期間はいつまで続くのか?」と聞かれる事がありますが、実は、終わりはありません。ただし、医院の後戻り再治療保証が2年になります。ですから、治療後2年間で6回程度来院していだく間はしっかりリテーナーを使用していただきます。その後もリテーナーは一生お世話になるものだと思って大切にして下さい。

 

リテーナーの種類

当院で使用しているリテーナーには主に4つの種類があります。どれか一つ使用するというわけではなく、いくつかを併用する事が多いです。

 


プレートタイプリテーナー

一番スタンダードなタイプのリテーナーです。上の歯並びに使用する事が多いと言えます。下の歯並び用は舌があるので少し違和感があります。ワイヤーとレジンという耐久性のある材質で各個人の歯並びに合わせて作っています。大切に使用していただければ10年持ちます。

 

院長の私も治療後も就寝時、回数は減らしましたが使用しています。


フィックスタイプリテーナー

固定式の細いワイヤーを主に前歯の裏側に接着させます。矯正治療前の歯並びが捻れが強かったり、スペースが空いていた場合などには必ず装着します。プレートタイプと併用する事も多く、下の歯並びだけではなく上の歯並びにも使用します。永久保定といって2年間の保定管理期間後も装着し続ける事を推奨しています。

 

虫歯や歯石付着のリスクから使用しない医院もありますが、当院はそれよりも歯並びの後戻りによる再矯正のリスクを考え、歯並びのスペースの問題があった患者様にはほぼ使用しております。


クリアタイプリテーナー

薄いフィルムのマウスピース型タイプです。装着してもほぼわからないため、プレートタイプを日昼使用できない成人の方に使用していただきます。プレートタイプと比較して耐久性はなく夜間使用すると歯ぎしりで穴が空いてきます。通常1枚で寿命は1年程度です。

 

歯の前後的位置を抑える効果は強いのですが、普段一層シートを噛んでいるので噛み合わせの安定にはプレートタイプより劣ります。また、少しの期間使用していないと歯の形ピッタリに作っているため、キツくて再装着は不可能となります。


スプリングタイプリテーナー

下の前歯専用のリテーナーです。下の前歯の動きを抑える働きがあります。使用頻度としてはあまり多くはありません。治療前の時点で下の歯並びにスペースの問題がなかった方に使用します。

 
 


リテーナーの装着時間と期間

歯並びの種類によって装着時間の違いがありますが、多くは以下のようなタイプを推奨しています。矯正治療終了後すぐの6か月は食事以外はほぼ装着しておいていただきます。その後の6か月は12時間使用に切り替えますが、就寝時と昼食までの午前中を使用していただきます。1年後からは就寝時のみ毎日使用していただきます。

 

「結構、使用条件が厳しいな」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、治療後2年間はプレートタイプはフルタイム使用という医院もありますので、これでも当院はも使用時間に関しては緩めですこの時間を切ってしまいますと後戻りが生じる可能性がかなり高くなります。

当院では15歳以上から矯正治療をスタートした患者様には日中はクリアタイプを在宅時はプレートタイプを使用していただいています。また管理が終了する保定2年後以降もプレートタイプはそのまま使い続けフィックスタイプは除去しない事を推奨しております。

 

リテーナー使用期間

 

⇨治療の流れに戻る