保険診療による一般歯科業務も探求する事で面白みも出てくると思いますが、歯科衛生士が診療業務に携われる範囲は、歯科医院によってマチマチです。中には、「超音波スケーラーによるクリーニングと院長のアシストだけで毎日が終わってしまう・・・」なんていう方も結構、多いのではないでしょうか。

『一般歯科での勤務が向いていないと感じて、転職したい方』
『一般歯科にやりがいを感じなくなりスキルアップを考えている方』 『以前の勤務先が長時間勤務だったのでストレスを減らしたい方』
『歯科衛生士という仕事から自分の性格を変えたい方』

『自身で矯正治療を受けた事があり、感動した事がある方』

もちろん、人によって仕事に求めるものが異なると思いますが、全ての歯科衛生士の方に当てはまる訳ではないのですが、「もっと患者さんと密にコミュニケーションが取れ、患者さんを自分でしっかりマネージメントできるような診療をやりたい」とう考えを持っている方もいらっしゃると思います。

一般歯科から来た当院の歯科衛生士も、入社して何が楽しいかというと、「毎日、自分で考えて診療できる点」だと口を揃えて言っています。自分で考えて行動し結果を出す事で毎日に充実につながり、「やりがい」になります。また、矯正歯科専門歯科衛生士というのは、多くはいませんので、希少性が高く自尊心も満たしてくれます。

器用さよりも勉強熱心さがの方が大事

矯正歯科といえば、ワイヤーを縛る細かい作業や、精密な器具が多く器用さが必要に思えるかもしれません。ですが、手の器用さは必要ではなく、実際必要なもの、新しい事を勉強しようとおもう心になります。カリキュラムに沿って、トレーニングする事は確実にスキルは身につきます。

矯正歯科専門歯科衛生士になるためには?

矯正歯科について興味を持っている歯科衛生士の方は、実は多くいらっしゃいます。でも、矯正歯科専門クリニック自体が少ないので、多くの方はとりあえず矯正も行なってい一般歯科に就職します。通常は、一般歯科も行なっている矯正歯科の場合は、どうしても一般歯科が中心になりますから、矯正歯科の勉強していくのは難しいと言えます。それは、矯正歯科専門クリニックは全歯科医院の2%程度しかないからです。

<矯正専門は多くはありません。>

当院のスタッフは矯正歯科スタッフ向けのセミナー講師も行っておりますので、既存のスタッフが、ていねいに指導する事ができます。院長も含め、皆スタッフはすぐに怒ったりするような性格のものはいませんので安心してスキルアップができます。

<カウンセリングスキルのセミナー講師もやっています>
2020矯正歯科コーディネーター勉強会