症例解説

受け口と犬歯のスペース不足の改善を希望されて治療を開始しました。まだ小学生という事でしたので、プレオルソと内側固定装置(ポーター)を用いて、一旦、受け口と犬歯のスペース獲得のみ準備矯正で行いました。

その後、 中学生になって、永久歯列完成後、上下4本小臼歯抜歯を行い、歯並びの改善を行いました。

 

反対咬合(受け口)の治療は下顎の前方成長が思春期に発生するため、その時期が来るまで本格矯正治療を待たなくてはなりません。ですから、治療期間は長くなる傾向にあります。男子より女子の方が、骨格的な成長期間が短かく早く身長も止まるため、中学生くらいからの本格矯正治療介入が可能になります。

 


 

主訴:受け口

年齢・性別:10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

1期治療装置:プレオルソ・上ポーター

2期治療装置:白い表側矯正装置

治療方針:上顎インプラントアンカーによる後方移動(口蓋側壁x2本)

抜歯:上下顎第一小臼歯

治療期間1年7か月(1期)+1年11か月(2期)

リテーナー:上プレートタイプ・フィックスタイプ

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

 

治療費について詳しくは⇨