症例解説

前から2番目の歯がクロスしている叢生症例です。前歯の噛み合わせが悪い事とやや口が閉じにくそうであったため、上下左右の合わせて4本の小臼歯を抜歯し矯正治療を行いました。歯並びにでこぼこが少ない方に抜歯矯正治療を提案すると、最初はお子様や保護者様に強い拒否感がある事もあります。しかし、最終的にはゴールを考えると、最終的には皆さん納得してくれます。仕上がりを見ても分かると思いますが、前歯がしっかり噛んでいます。歯を4本減らしても噛む面積は前より増えているわけです。

 

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上下顎前突・上顎叢生

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)・ナンスのホールディングアーチ

治療方針:上下顎前歯の後方移動(中等度固定)

抜歯:上下両側小臼歯(計4本)

治療期間1年11か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨