症例解説

小臼歯抜歯を併用した上顎前突ケースです。裏側矯正を希望されていましたので、噛み合わせが深い過蓋咬合の改善に有利なハーフリンガル治療を選択しました。過蓋咬合の場合は、上の前歯の裏側にワイヤー装置を装着すると、下の前歯が噛み込みすぐに装置が破損してしまいます。ですから、半年ほど先に下の歯並びを表側からの装置でコントロールする事で、容易に上の裏側の矯正治療が可能となるのです。

 

過蓋咬合の場合は、下の表側矯正は前からほとんど見えませんから審美的にもハーフリンガルをお勧めします。接客業の仕事もストレスなくできたそうです。

 

上下の正中線がずれていたため、実は上は2本、下は1本のみという変則型抜歯による治療でした。治療後は、きれいに正中線も一致し、良い仕上がりで終わりました。

 


 

 

主訴:出っ歯を治したい

年齢・性別20代女性(大学生)

住まい:千葉県佐倉市

治療装置:ハーフリンガル
(クリッピー
L+クリアティ

治療方針インプラントアンカーから上顎前歯を後方移動

 (口蓋側壁1.6mm×8.0mmx2本)

抜歯:右下以外の第一小臼歯計3本

治療期間:2年2か月

リテーナー:上顎プレートタイプ
+上下顎クリアタイプ+下顎フィックスタイプ

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

 

治療費について詳しくは⇨