症例解説

上顎前突ケースです。上は第1小臼歯、下は虫歯があった第2小臼歯を計4本抜歯し、上の前歯を7mmほど後ろに引っ込めました。本来は上下左右同名歯を抜歯する方が良いのですが、虫歯や補綴物ある場合は、柔軟に決定します。また、上顎前突の改善には下は奥歯を動かしやすい第二小臼歯を抜歯した方が有利な場合もあります。

 

裏側矯正で前歯を後ろに引っ込める際は、治療を効率化させるためにインプラントアンカーを必ず使用します。簡単な手術で、歯茎に1.5mm程度の細さのピンを入れる感じです。治療後は除去し傷は残りませんのでご安心ください。

 

治療後は、口元も下がり、まわりに「なんか雰囲気変わったね」と、言われるようになったそうです。

 


 

主訴:出っ歯を治したい

年齢・性別:20代女性

住まい:千葉県八千代市

治療装置:ハーフリンガル

 (クリッピーL+クリアティ

治療方針:インプラントアンカーから上顎前歯を後方移動

 (口蓋側壁1.6mm×8.0mmx2本)

抜歯:上顎両側第1小臼歯、下顎両側第2小臼歯

治療期間:2年2か月

リテーナー:上顎プレートタイプ
+上下顎クリアタイプ+下顎フィックスタイプ

 

 

治療費について詳しくは⇨