症例解説

上の前歯と下の前歯の前後的な隙間が1cmある典型的な上顎前突です。上顎第一小臼歯を2本抜歯して、その隙間を全て前歯を後ろに引きました。治療中に、上の前歯をぶつけて脱臼してしまうというアクシデントもありましたが、ワイヤーが付いていた事で完全脱臼(口の外に抜けてしまう事)にはならず、なんとか元の位置に戻す事ができました。男子の上顎前突の外傷率は高いです。できるだけ中学校までに矯正治療を行った方が良い思います。

 


 

主訴:出っ歯

年齢・性別:中学生男子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上顎前歯唇傾斜・過蓋咬合・II級咬合

治療装置:白い表側矯正装置(クリアティ)・ナンスのホールディングアーチ・下顎圧下アーチワイヤー・顎間ゴム

治療方針:上顎前歯の後方移動(最大固定)・下顎前歯圧下

抜歯:上顎第一小臼歯(計2本)

治療期間:2年2か月

リテーナー:上プレートタイプ・上下フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨