症例解説

開咬・叢生・上下顎前突・右側のシザースバイト(すれちがい咬合)と様々な症状を持っているケースです。骨格のズレもあったため上は2本・下は左側1本の計3本という変則抜歯でインプラントアンカーを併用した上のみの裏側矯正で治療しました。治療後はキレイに正中線を合わせる事ができ、前歯で噛めるようになりました。

 

 


 

主訴:出っ歯

年齢・性別:中学生男子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:開咬・上下顎叢生・右側シザースバイト

治療装置:ハーフリンガル(クリッピーL+クリアティ)・リンガルアーチ・アンカースクリュー

治療方針:上下顎抜歯空隙閉鎖(中等度固定)

抜歯:上顎両側と左下第一小臼歯(計3本)

治療期間:2年6か月

リテーナー:上プレートタイプ・クリアタイプ・上下フィックスタイプ

治療費用:1,10,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨