症例解説

「ガブッ」と深咬みも併発している反対咬合です。プレオルソマウスピースで3ヶ月で前歯の噛み合わせはある程度改善。その後はポータータイプの内側固定矯正装置を用いて、永久歯が生え変わるのをコントロールしました。本格矯正治療は行わずそのまま終了しました。

 

 

子供の反対咬合の治療は見た目の変化が大きく、満足度は高い治療になります。このケースは骨格的な問題が少ないタイプのため治療介入しましたが、上下顎の骨格的な差異が大きい場合は、治療開始を待つ場合もあります。

 


 

主訴:噛み合わせが深い

年齢・性別:10歳男子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:反対咬合・上下顎軽度叢生

治療装置:プレオルソtype III 計2個使用・上顎ポーター型拡大装置

治療方針:上下顎前歯の歯軸傾斜による前歯部咬合改善

治療期間:1年8か月

リテーナー:なし

治療費用:380,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨