症例解説

前歯の受け口に加えて上下の歯列の正中線は1歯分ズレているケースです。リンガルアーチとプレオルソを用いてまず前歯の噛み合わせと顎の位置を安定させた後に、ワイヤー矯正装置にて仕上げを行いました。まだ下の歯列の正中線が左にありますが、矯正治療のみで限りなく合わせる事ができた症例です。
治療前は中々見せてくれなかった笑顔も、治療後には自然と見せてもらえました。

 

治療費について詳しくは⇨