症例解説

上顎前歯の叢生と交叉咬合症例です。開始時は床矯正装置でスペースを確保後、上の前歯のみワイヤー矯正装置つけ前歯を並べました。その後は八重歯にならないよう夜間ヘッドギア装置を使用し、ある程度良い歯並びに誘導できました。そのまままま準備矯正のみで終了したケースになります。

 

治療費について詳しくは⇨