症例解説

乳歯がまだある混合歯列期から2段階で治療を行った上下顎の叢生ケースです。1段階目でプレオルソとヘッドギアを使用し永久歯が生えるスペース確保を行った後に、2段階目のワイヤー矯正治療を行いました。小学3年から始め小学6年生で終了しました。

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別:9歳女子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上下顎叢生・II級咬合

1期治療装置:プレオルソ・サービカルヘッドギア

2期治療装置:白い表側矯正装置(クリアティ)

治療方針:1期でスペース獲得・2期で排列

抜歯:なし

準備矯正治療期間:2年3か月(1期)

本格矯正治療期間:1年5か月(2期)

リテーナー:上プレートタイプ・フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨