症例解説

下の前が完全に見えない過蓋咬合です。口呼吸も併発しており口唇の突出も見られます。このようなケースは機能的改善効果もあるプレオルソが効果を発揮します。前歯の噛み合わせ改善後も使用頻度を落としながらプレオルソは使用し続ける事で、正しい位置に生え変わります。口唇に筋力がつき、横顔も引き締まりました。

 


 

主訴:噛み合わせが深い

年齢・性別:8歳女子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:過蓋咬合・下顎叢生・II級咬合

治療装置:プレオルソtype I  size S Hard 計3個使用

治療方針:上下顎前歯の圧下および臼歯部の萌出力による咬合挙上

管理期間:2年6か月

リテーナー:なし

治療費用:380,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨