症例解説

拡大床装置にて永久歯を配列するスペースを十分確保後、夜間プレオルソを使用して歯の生え変わり管理をしました。永久歯交換後は、自然ときれいな歯並びになり、準備矯正のみで終了できた良いケースと言えます。

 


 

主訴:スペース不足

年齢・性別:8歳女子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上下顎軽度叢生

治療装置:上下床矯正装置+プレオルソtype I 

治療方針:上下顎歯列拡大

積極的治療期間:1

経過観察期間:2年

リテーナー:なし

治療費用:380,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨