%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%9b%86-001

症例解説

前歯が噛んでいない開咬症例です。以前、他院で床矯正治療を長期間にわたって行なっており、前歯は並んだのですが、出っ歯になり噛めなくなったという事でした。成長期後の無理な拡大治療により歯肉退縮が起きています。

 

 

上の前歯を後ろに下げるため、歯肉退縮がおきている上のみ小臼歯を2本抜歯し、上のみ裏側矯正装置にて治療をしました。治療後はしっかり上下の前歯で噛めるようになりました。

 

 


 

主訴:前歯が出ている

年齢・性別20歳女性

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上顎前歯唇側傾斜・開咬・歯肉退縮

治療装置:ハーフリンガル(クリッピーL+クリアティ)

治療方針:上下顎前歯の後方移動(中等度固定)

抜歯:上両側第一小臼歯(計2本)

治療期間:2年2か月

リテーナー:上プレートタイプ+上クリアタイプ+上下フィックスタイプ

治療費用:1,100,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨