%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%9b%86-%e9%a1%94%e3%81%a4%e3%81%8d-001

症例解説

上下顎前突ケースです。通常なら上下顎小臼歯抜歯ケースですが、精密検査の結果で上下顎前歯の短根が発覚しました。この状態での大きな歯の移動は歯根吸収のリスクが高まります。歯根への負担へ減らすため、抜歯ではなくストリッピングによりスペースを確保する事にしました。非抜歯でも前歯は結構引っ込みます。歯根もダメージなく大丈夫でした。