インビザラインは製造元のアラインテクノロジー社から、年間の症例提出数に応じてステータスが決定します。当院は、昨年150症例以上のアライナーを発注し、実質的に最上位である近いダイヤモンドステータスになりました。矯正を専門にしている1医院で、ダイヤモンドステータスまで到達した医院は全国でも数件程度しかありません。

 

 

インビザラインダイヤモンドプロバイダー

 

 

ここ、1年で取り扱う歯科医院が急増しているマウスピース型矯正装置インビザラインによる治療は、「簡単に見えるとても難しい治療」です。私はある程度の治療経験数がないと、治療結果が安定しないと考えています。今年は、導入し始めた各歯科医院で小さなトラブルが発生し始める頃です。

 

 

実際、導入初期の頃は、医院のマウスピース型矯正治療システムがまだ完成しておらず、治療計画がブレてしまう事も多々ありました。その当時、当院を選んで下さった患者さんには、ご迷惑をかけましたし、とても感謝をしています。ですが、2013年から導入し約6年間徐々に経験を積み上げていき、今ではどこにも負けないような治療システムができてと自負しています。今後は、当院の今までの治療ノウハウを他に伝え、マウスピース型矯正装置治療の質の向上に貢献できるよう活動していこうと考えております。