表側矯正装置症例集

口元の突出(上下顎前突・抜歯・表側矯正・中学生女子)

症例解説

上下の前歯が前方に傾斜しているため、口が閉じずらい上下顎前突症例です。しっかりと永久歯が生えるまでは、少しでも前歯を後方移動させるためのスペースを獲得するために半年ほどヘッドギア装置を使用しました。その後、小臼歯抜歯を併用し本格矯正治療を行い前歯を約8mmほど後方移動させました。

 

 

治療後は口元の緊張感もなくなり、すっきりとした横顔になりました。

 

 


 

主訴:口元の突出

年齢・性別11歳女子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:下顎後退・上下顎前歯唇側傾斜・II級咬合

治療装置:サービカルヘッドギア・白い表側側矯正装置(クリアティ)

治療方針:抜歯空隙を利用した上下顎前歯後方移動

抜歯:上下顎第一小臼歯抜歯

準備期間5か月

治療期間:2年6か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費用:780,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

左下永久歯がない(先天性欠如歯・過蓋咬合・抜歯・小学生男子)

症例解説

先天性欠如歯といって、乳歯の下に永久歯の種がないケースです。先天性欠如歯がある場合は非常に治療計画は難しくなります。乳歯を温存しておく計画もありますが、永久歯と異なり根も短く20代以降に必ず失ってしまいます。その際は、インプラントなどの欠損補綴を計画しなくてはならなくなります。乳歯を抜歯する計画の場合は、歯列上下左右対称にするために、その他の小臼歯の抜歯が必要になってしまいます。さらに、下の5番目の歯が欠損の場合は、上の乳歯の大きさが大きく、その後のスペースを閉じる事には長期の期間を要してしまいます。

 

 

以上の説明をした上で小児用矯正装置バイオネーターを使用しながら、治療方針を検討し、欠損歯喪失による将来的な治療頻度のリスクを避けるために抜歯方針にて矯正治療を行いました。小学生という事で歯の動きは良い方でしたが、それでも長期の期間を要しました。

 

 


 

主訴:左下永久歯がない

年齢・性別:11歳男子

住まい:千葉県船橋市

症例問題点:左下5番先天性欠如・過蓋咬合

1期治療装置:バイオネーター

2期治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)・圧下アーチ

治療方針:右上奥歯の後方移動

抜歯:上顎第一小臼歯・右下第二小臼歯・左下第二乳臼歯

準備矯正治療期間:6か月

本格矯正治療期間:2年7か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

出っ歯(上下顎前突・20代女性・表側矯正・抜歯) 

症例解説

「出っ歯」が主訴の方でも、上の前歯だけ出ているいる方もいますが、上下の前歯が出ているパターンもあります。上下が出ている場合は、口元がE-lineより前方に出ており、上下顎前突と呼びます。上下顎前突の治療方法は上下顎小臼歯を抜歯をし、その隙間に前歯を最大限引っ張り込みます。その際に活躍するのが、アンカースクリューになります。

 

 

奥歯を固定にして前歯を引っ張るよりは、アンカースクリューから直接前歯を後方移動させた方が、前歯が多く引っ込められます。ですが、前歯の移動量自体は多くなるため、治療期間は伸びてしまいます。今回は2年半以上かかっているのですが、途中で結婚式があったため装置の一時除去をしたために、時間的なロスが発生したためになります。

 

 


 

主訴:上下顎前突

年齢・性別:20代女性

住まい:千葉県八千代市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)・アンカースクリュー

治療方針:小臼歯抜歯による上下顎前歯後方移動(最大固定)

:上下顎第一小臼歯(計4本)

治療期間:2年8か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費用:800,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

出っ歯(ガミースマイル・過蓋咬合・表側矯正・抜歯併用・20代女性)

 

 

 

症例解説

出っ歯と笑った時に歯茎が見える事の改善を希望されて矯正治療を行いました。思いっきり笑うと歯茎が全開で見える状態を「ガミースマイル(ガミーフェイス)」とも言います。このような状態の場合、女性は少し恥ずかしいという事で口を手で隠してしまう方が多いようです。

 

 

ガミースマイルの原因は、上の前歯の位置が正常より前方・下方に位置しているという歯列の問題以外に、上顎骨の位置という骨格の問題や、上唇の長さという軟組織の問題もあります。この中で、矯正治療で治療ができるのは歯列の問題だけになります。ですので、矯正治療で治せる適応症というものがあります。

 

 

上の前歯を歯茎が見えないように上方に持ち上げるには、何か固定源が必要です。ここで、活躍するのがアンカースクリュー(インプラントアンカー)になります。このケースは前歯の歯茎にアンカースクリューを設置する事、一気に直接、前歯を持ち上げる事に成功しました。小臼歯抜歯も併用していますので、前歯も後ろに引っ込み、理想的なスマイルになりました。

 

 


 

主訴:出っ歯

年齢・性別:20代女性

住まい:千葉県船橋市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)+アンカースクリュー

治療方針:上顎前歯部をアンカースクリューから上方牽引

抜歯:上顎両側第一小臼歯・下顎両側第二小臼歯(計4本)

治療期間:2年10か月

リテーナー:上下プレートタイプ

治療費用:800,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

受け口(反対咬合・表側矯正・2段階・抜歯併用・小学生高学年開始)

症例解説

受け口と犬歯のスペース不足の改善を希望されて治療を開始しました。まだ小学生という事でしたので、プレオルソと内側固定装置(ポーター)を用いて、一旦、受け口と犬歯のスペース獲得のみ準備矯正で行いました。その後、 永久歯列完成後2期目として上下4本小臼歯抜歯を行い、歯並びの改善を行いました。

 

反対咬合(受け口)の治療は下顎の前方成長が思春期に発生するため、その時期が来るまで本格矯正治療を待たなくてはなりません。ですから、治療期間は長くなる傾向にあります。男子より女子の方が、骨格的な成長期間が短かく早く身長も止まるため、中学生くらいからの本格矯正治療介入が可能になります。

 

 


 

主訴:受け口

年齢・性別:10歳女子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:反対咬合・上顎後退・上下顎叢生

1期治療装置:プレオルソ・上ポーター

2期治療装置:白い表側矯正装置(クリアティ)

治療方針:1期は前歯部反対咬合改善・2期は抜歯スペースを利用した上顎前歯の排列と下顎前歯後方移動

抜歯:上下顎第一小臼歯(計4本)

準備矯正治療期間1年7か月(1期)

本格矯正治療期間:1年11か月(2期)

リテーナー:上プレートタイプ・フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

八重歯(叢生・表側矯正・アンカースクリュー・高校生女子)

症例解説

右側が八重歯になっているケースです。右上の奥歯をアンカースクリューを使用して後ろに引っ張ってできたスペースに犬歯を配列しました。写真ではスクリューの使い方はわかりずらいのですが、玄人好みの治療です。インプラントアンカーはミニスクリューとも呼ばれる歯茎に入れるピアスみたいなものです。使用する事で通常では不可能な歯の動きを可能にしてくれます。

 

 

アンカースクリューは歯槽骨が安定する15歳以上の患者さんに使用しています。将来的には埋まっている親知らずは再発防止のため抜歯を推奨しています。

 

 


 

主訴:八重歯

年齢・性別:15歳女性(高校生)

住まい:千葉県船橋市

症例問題点:上下顎叢生・右側II級咬合

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)・アンカースクリュー

治療方針:右上奥歯の後方移動

抜歯:なし

治療期間1年9か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費用:800,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

歯並びが悪い(上下顎前突・抜歯・小学生女子)

症例解説

前から2番目の歯がクロスしている叢生症例です。前歯の噛み合わせが悪い事とやや口が閉じにくそうであったため、上下左右の合わせて4本の小臼歯を抜歯し矯正治療を行いました。歯並びにでこぼこが少ない方に抜歯矯正治療を提案すると、最初はお子様や保護者様に強い拒否感がある事もあります。しかし、最終的にはゴールを考えると、最終的には皆さん納得してくれます。仕上がりを見ても分かると思いますが、前歯がしっかり噛んでいます。歯を4本減らしても噛む面積は前より増えているわけです。

 

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上下顎前突・上顎叢生

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)・ナンスのホールディングアーチ

治療方針:上下顎前歯の後方移動(中等度固定)

抜歯:上下両側小臼歯(計4本)

治療期間1年11か月

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

八重歯(叢生・非抜歯・表側矯正・中学生女子)

症例解説

スペース不足による八重歯のケースです。初診時にまだ上の12歳臼歯が生えていなかった事と、患者さんが非抜歯希望であったため、夜間サービカルヘッドギア装置を用いて、準備矯正を行いました。適切な時期に使用できたため、6か月ほどで犬歯の生えるスペース獲得できたため、無事そのままを歯を抜かずに配列する事ができました。

 

 

準備期間6か月、ワイヤー装置期間は1年6か月で、トータルで治療期間は2年です。14歳以下でスタートすると多くのケースはワイヤーをつける期間は1年〜2年以内と早く終わる事ができます。

 

 


 

主訴:前歯の歯並びが悪い

年齢・性別10歳女子

住まい:千葉県船橋市

症例問題点:上顎犬歯萌出スペース不足・II級咬合

治療装置:サービカルヘッドギア・白い表側側矯正装置(クリアティ)

治療方針:上顎後方移動

抜歯:なし

治療期間:2

リテーナー:上プレートタイプ+下フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

八重歯(叢生・2段階矯正・小学生女子)

 

 

 

 

症例解説

八重歯といって上の犬歯という歯がスペースが足りないため外側に飛び出している状態の歯並びです。まだ永久歯列が完成していない成長期であったため、1段階目で睡眠時にヘッドギア装置とういう上の奥歯を後ろに引っ張る器具を使用し、十分効果が出たところで、2段階目としてワイヤー装置を装着しました。低位舌といって、上下の歯の隙間から舌が出ている状態だったため、舌の筋力トレーニングなどが、少し大変でしたが、最後は満足できるゴールまで到達できました。

 

 


 

主訴:八重歯

年齢・性別:10歳女子(小学生)

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上顎犬歯萌出スペース不足・II級咬合

1期治療装置:サービカルヘッドギア

2期治療装置:白い表側矯正装置(クリアティ)・顎間ゴム

治療方針:上顎後方移動

抜歯:なし

治療期間7か月(1期)+1年8か月(2期)

リテーナー:上プレートタイプ・下フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

出っ歯(上顎前突・過蓋咬合・抜歯・中学生男子)

症例解説

上の前歯と下の前歯の前後的な隙間が1cmある典型的な上顎前突です。上顎第一小臼歯を2本抜歯して、その隙間を全て前歯を後ろに引きました。治療中に、上の前歯をぶつけて脱臼してしまうというアクシデントもありましたが、ワイヤーが付いていた事で完全脱臼(口の外に抜けてしまう事)にはならず、なんとか元の位置に戻す事ができました。男子の上顎前突の外傷率は高いです。できるだけ中学校までに矯正治療を行った方が良い思います。

 


 

主訴:出っ歯

年齢・性別:中学生男子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:上顎前歯唇傾斜・過蓋咬合・II級咬合

治療装置:白い表側矯正装置(クリアティ)・ナンスのホールディングアーチ・下顎圧下アーチワイヤー・顎間ゴム

治療方針:上顎前歯の後方移動(最大固定)・下顎前歯圧下

抜歯:上顎第一小臼歯(計2本)

治療期間:2年2か月

リテーナー:上プレートタイプ・上下フィックスタイプ

治療費用:740,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨