過蓋咬合(前歯が深噛み)

上の前歯の歯並び(過蓋咬合・準備矯正のみ・プレオルソ・小学生低学年開始)

 

 

 

症例解説

混合歯列期前期の永久歯配列のスペースがない叢生状態と、前歯の噛み合わせが悪い過蓋咬合症例です。床矯正装置にて1年程度歯列拡大を行い、プレオルソにて前歯の噛み合わせ改善と永久歯の萌出誘導を行いました。管理は4年にもわたりましたが、後半2年は、週3回程度プレオルソを就寝時装着していただだけです。すきっ歯も犬歯の萌出と共に自然に治りました。

 

 

準備矯正後は、特に患者さんも保護者の方も、仕上げ希望がなかったため、そのまま終了しました。男子は歯の生え変わりが比較的ゆっくりのため、管理期間も長くなりますが、積極的治療期間はそんなに長くはありません。

 

 


 

主訴:上顎前歯叢生

年齢・性別:8歳男子

住まい:千葉県八千代市

治療装置:上下拡大床装置・プレオルソtype I  S size Hard 計2個使用

治療方針:上下顎歯列拡大・上顎前歯圧下

積極的治療期間:1年8か月

経過観察期間:2年7か月

リテーナー:なし

治療費用:380,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

出っ歯(ガミースマイル・過蓋咬合・表側矯正・抜歯併用・20代女性)

 

 

 

症例解説

出っ歯と笑った時に歯茎が見える事の改善を希望されて矯正治療を行いました。思いっきり笑うと歯茎が全開で見える状態を「ガミースマイル(ガミーフェイス)」とも言います。このような状態の場合、女性は少し恥ずかしいという事で口を手で隠してしまう方が多いようです。

 

 

ガミースマイルの原因は、上の前歯の位置が正常より前方・下方に位置しているという歯列の問題以外に、上顎骨の位置という骨格の問題や、上唇の長さという軟組織の問題もあります。この中で、矯正治療で治療ができるのは歯列の問題だけになります。ですので、矯正治療で治せる適応症というものがあります。

 

 

上の前歯を歯茎が見えないように上方に持ち上げるには、何か固定源が必要です。ここで、活躍するのがアンカースクリュー(インプラントアンカー)になります。このケースは前歯の歯茎にアンカースクリューを設置する事、一気に直接、前歯を持ち上げる事に成功しました。小臼歯抜歯も併用していますので、前歯も後ろに引っ込み、理想的なスマイルになりました。

 

 


 

主訴:出っ歯

年齢・性別:20代女性

住まい:千葉県船橋市

治療装置:白い表側側矯正装置(クリアティ)+アンカースクリュー

治療方針:上顎前歯部をアンカースクリューから上方牽引

抜歯:上顎両側第一小臼歯・下顎両側第二小臼歯(計4本)

治療期間:2年10か月

リテーナー:上下プレートタイプ

治療費用:800,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

叢生(過蓋咬合・マウスピース型矯正・高校生女子)

 

 

症例解説

過蓋咬合のケースです。マウスピース型矯正装置【インビザライン】を使用し、非抜歯にて治療を行いました。途中から顎間ゴムも使用して、噛み合わせの仕上がりも問題ありません。マウスピース矯正はケースによっては従来型の矯正治療より早く終える事ができる事もあります。「早く」「痛くなく」なら「目立たない」という理由以外にマウスピース装置を選択するメリットはありますよね。

 

 


 

主訴:上の前歯の歯並び

年齢・性別15歳女子(高校生)

住まい:千葉県佐倉市

症例問題点:上下顎叢生・過蓋咬合

治療装置:インビザラインフル・顎間ゴム

治療方針:ストリッピング

抜歯:なし

治療期間:11か月

アライナー枚数:17+11ステージ

リテーナー:上プレートタイプ・下フィックスタイプ

治療費用:900,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

噛み合わせが深い(上顎前突・準備矯正のみ・プレオルソ・小学生低学年開始)

 

 

 

症例解説

過蓋咬合と上顎前突の準備矯正治療です。開始時はプレオルソを使用しておりましたが、ご本人に矯正装置が合わないため、バイオネーター装置に変更しました。どちらも就寝時使用のマウスピース矯正装置ですが、機能的改善要素が強いプレオルソが合わない方もいます。矯正専門なら様々な矯正装置を使用できますので、ライフスタイルに合わせて、一番良い矯正装置を選択する事ができます。

 


 

主訴:噛み合わせが深い

年齢・性別:9歳男女子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:過蓋咬合・下顎後退・II級咬合

治療装置:プレオルソtype I  size・バイオネーター

治療方針:臼歯部の萌出力による咬合挙上および下顎前方推進

管理期間:1年10か月

リテーナー:なし

治療費用:380,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

 

 

噛み合わせが深い(過蓋咬合・準備矯正のみ・プレオルソ・小学生低学年開始)

 

 

 

症例解説

下の前が完全に見えない過蓋咬合です。口呼吸も併発しており口唇の突出も見られます。このようなケースは機能的改善効果もあるプレオルソが効果を発揮します。前歯の噛み合わせ改善後も使用頻度を落としながらプレオルソは使用し続ける事で、正しい位置に生え変わります。口唇に筋力がつき、横顔も引き締まりました。

 


 

主訴:噛み合わせが深い

年齢・性別:8歳女子

住まい:千葉県八千代市

症例問題点:過蓋咬合・下顎叢生・II級咬合

治療装置:プレオルソtype I  size S Hard 計3個使用

治療方針:上下顎前歯の圧下および臼歯部の萌出力による咬合挙上

管理期間:2年6か月

リテーナー:なし

治療費用:380,000(+税)

 

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨