上下顎前突(口元の突出)

出っ歯(上下顎前突・抜歯・ハーフリンガル・20代女性・千葉県八千代市)

 

症例解説

オーソドックスな上下顎前突を小臼歯抜歯を併用して治しました。表側矯正治療と比較して裏側矯正のワイヤーは細く弱いため、前歯の後方移動を行う際、ボーイングエフェクトというワイヤーがたわむ現象が強く出ます。

 

この現象をインプラントアンカーから前歯を後方牽引する事で、最小限に抑える事ができます。アンカースクリューにパワーチェーンと呼ばれる弾性のあるチェーンを毎回交換しながら、ゆっくりと前歯6本を引っ張ります。結果的には、無駄な歯の動きもなくなるため治療期間も短くなります。

 

治療後は前開きになっていた前歯が後ろに引っ込み、患者さんは口が閉じやすくなったと喜んでいました。

 


 

主訴:出っ歯を治したい

年齢・性別:20代女性

住まい:千葉県八千代市

治療装置:ハーフリンガル
(上顎クリッピー
L +下顎クリアティ

問題点:下顎後退・上下顎前歯唇側傾斜・叢生

治療方針インプラントアンカーから上顎前歯を後方移動

 (口蓋側壁1.6mm×8.0mmx2本)

抜歯:上下顎第一小臼歯

治療期間:2

リテーナー:上顎プレートタイプ
 +上下顎クリアタイプ下顎フィックスタイプ

 

矯正治療のリスク・副作用について⇨

治療費について詳しくは⇨

前歯を下げたい(上下顎前突・抜歯・ハーフリンガル・20代女性・東京都八王子市)

症例解説

著しい叢生と上下顎前突症例です。銀歯が入っている小臼歯4本抜歯し、インプラントアンカーを併用したハーフリンガル矯正治療を行っています。途中、ご結婚・ご出産・転居など様々なライフイベントがあり少し治療期間はかかりましたが、ギリギリ3年以内で終わりました。結婚式はハーフリンガル装着のまま行ったそうですが全然大丈夫でだったそうです。

 

治療費について詳しくは⇨

出っ歯(上下顎前突・短根歯・非抜歯・高校生女性・千葉県八千代市)

 

%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%e9%9b%86-%e9%a1%94%e3%81%a4%e3%81%8d-001

症例解説

上下顎前突ケースです。通常なら上下顎小臼歯抜歯ケースですが、精密検査の結果で上下顎前歯の短根が発覚しました。この状態での大きな歯の移動は歯根吸収のリスクが高まります。歯根への負担へ減らすため、抜歯ではなくストリッピングによりスペースを確保する事にしました。非抜歯でも前歯は結構引っ込みます。歯根もダメージなく大丈夫でした。