ブログ

インビザライン治療中の虫歯発見

こんにちは。千葉県八千代市にある「まきの歯列矯正クリニック」院長の牧野です。

今回は、「インビザライン治療中には隣接面虫歯を発見する事ができる」という内容です。

※以下商品名インビザラインと記す。

 

 

 

インビザライン治療中はよく虫歯が発見されます。でも、従来型のワイヤー装置と比較して、インビザラインは、取り外しが可能のため歯磨きもしやすく衛生的で、元々虫歯にはなりづらいはずです。ですから、正しくはインビザライン治療は中は虫歯を発見しやすいです。

 

 

インビザライン  虫歯

 

 

 

隣接面の虫歯を発見

虫歯には3大好発部位というのがあります。奥歯の噛む面(咬合面)・歯茎と間(歯頚部)・隣の歯との間(隣接面)です。この部分は特に毎日の歯ブラシで丁寧に磨かないと、歯垢がとりきれない部位になります。中でも、隣の歯との間(隣接面)は頻度としては一番高い部位になります。

 

 

この隣接面の虫歯は、自分で確認するができず、発見が遅くなる事がほとんどです。肉眼でも見る事ができるようになるくらいの大きさの場合は、歯髄神経血管近くまで進行しており、冷たいものがしみるなどの自覚症状もでてきます。この場合は、歯髄への処置も必要なため虫歯治療が長期間かつ大がかりになる可能性が高くなります。

 

 

この隣接面の虫歯は隙間を発見する方法は、歯と歯の隙間を1つづ開けて調べるしかありません。普通はそんな事はできないのですが、それが、矯正治療中であれば、歯を動かしているためできるのです。

 

 

 

 

矯正治療中に隙間が開いている期間がある

インビザラインの治療方針はIPRといって、歯と歯の間に細いヤスリを入れて少しづつスペースを作る方針を取ったり、後方移動といって、奥歯から1歯づつ歯を後ろ移動させたりします。この治療途中で、一時的に隙間が開く事で、隣接面の虫歯を発見する事ができるようになるのです。

 

 

隣接面の虫歯の治し方は、直接治療器具がアプローチできないため、健全な歯質であっても噛む面から削り落とさなくてはならない事が多いです。つまり虫歯治療の犠牲が多くなりやすいという事です。それが矯正治療中の一時的に隙間が空いている状態は目視できるため、軽症の場合は、横から部分的に虫歯を取り切る事ができる事もあります。そうすれば、虫歯治療の犠牲が最小限に治るわけです。

 

隣接面 虫歯 インビザライン

 

ですから、インビザライン治療中は、頻繁に虫歯が発見される事が多いのですが、これは逆に早期に見つかってよかったと思っていただき、虫歯治療をできるだけすぐ行ってください。なぜならば、一時的に隙間が空いているだけなので、矯正治療の進行とともに、また隙間は閉じてしまうからです。実はチャンスは1カ月程度しかないのです。

 

 

隣接面に虫歯を治すか治さないかは、実質欠損といって、「穴が開いているか?」がポイントです。黒く点がある場合は、ほぼ治療対象ですが、例えば、茶色で穴は開いておらず、ちょっと面が粗造になっているだけの場合は、COと呼ばれ要観察で治療介入しなくても良い可能性があります。この場合は、矯正治療で行う隙間作りであるIPRで面を滑沢にするだけで、特に進行はしない可能性もあります。

 

 

インビザラインは虫歯の治療中でも、歯の頭の部分がなくなるような広範囲の虫歯でなければ使用が可能です。ワイヤー型装置と異なり、虫歯の治療に行く度にアーチワイヤーを着脱しに行かなくてはならないといった事はないのです。

 

 

虫歯になりにくいというだけでなく虫歯の発見という点でもインビザラインは従来型のワイヤー装置より優れているわけです。

 

 

 

▶︎もちろん矯正治療中は虫歯のチェックも行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加