ブログ

インビザラインが後戻りが少ない理由

こんにちは。千葉県八千代市にある「まきの歯列矯正クリニック」院長の牧野です。

今回は、「マウスピース矯正インビザライン の装着は、治療後のリテーナー装着の習慣になるため後戻りしにくい」という内容です。

※以下マウスピース矯正はインビザライン (商品名)と記す。

 

 

矯正治療を終了した半年経つ当院のスタッフは、今も毎日リテーナーを使用したまま、診療やカウンセリングを行なっています。特に苦痛には思っていないようで(本当はどうかわかりませんが・・・)規定通り使用をしています。ですから、後戻りもなく治療後経過が良好なのは言うまでもありません。

 

 

スタッフはラビアルといって固定式の表側ワイヤー矯正治療を行なった後に、後戻り予防のための保定として取り外しのプレートタイプのリテーナーを使用しています。リテーナーは、どんな矯正装置を使用しても必ず装着しなくてはなりません。治療方法が固定式でも取り外し式でも、最後は取り外し式が待っているのです。

 

 

この取り外し式のリテーナーを規定通り使用しないとどうなるかと言うと、全ての方が当てはまるわけではないのですが、後戻りが始まります。中には、リテーナーを使用しなくても歯並びが安定する方もいますが、特に拡大と言って歯並びを広げた方や、抜歯を併用して前歯を後方移動させた方は、歯並びが元の形に戻ろうとしますので注意が必要です。

 

 

 

 

結局、治療後マウスピースを使わなくてはならない

当院では、インビザラインと裏側矯正装置で治療方法を迷われる方が多いです。見た目の場合は、インビザラインもそんなに目立ちませんので、裏側矯正装置を選択される方は、「矯正装置を付け外しするのが面倒」というのが主な理由です。

 

 

ですが、ここに一つ問題点があります。そう、どの治療装置を選択しても治療後には取り外しのリテーナーがあるのです。リテーナーの使用頻度が少ないとやはり歯並びが戻っていってしまう確率が上がります。ですから、裏側矯正治療の方には念のために前歯だけは崩れないようにフィックスワイヤーを設置する事が一般的です。それでも、取り外し式のリテーナーを使用が甘いとどうしても抜歯したスペースが開いてくる事があります。

 

リテーナー

 

 

 

リテーナーを使う練習も必要

一方、インビザラインで治療した方は、しっかりリテーナーを使用してくれる事が多いです。これは不思議な事ではなく至極当然の事です。治療中からマウスピースを装着するという事に慣れていますので、その後にリテーナーを使用していく事に抵抗がないのです。こうして、何年もリテーナーを使用してくれれる事で、キレイな歯並びを維持する事ができるのです。

 

 

よく、治療終了患者さんに「リテーナーはいつまで使えば良いのですか?」という質問を受けます。私は「使ってくれるなら一生」と答えます。とは言っても、「人間は継続する事は苦手な生き物」ですから、数年後には使用しなくなってしまいます。でも、できるだけリテーナーを使用する期間を長く取っていただく事を推奨しています。

 

 

リテーナーの継続は大変

 

 

このリテーナーを使うトレーニングができるというのは、インビザライン治療の最大のメリットだと私は考えます。リテーナーを使える方が多いというのが、インビザライン治療は後戻りが少ないという考えに繋がります。

 

 

 

▶︎取り外しができるインビザライン

このエントリーをはてなブックマークに追加