こんにちは。まきの歯列矯正クリニック【千葉県】院長の牧野です。

 

取り外しできるアライナーで矯正ができるマウスピース型矯正治療【インビザライン】。従来型のワイヤー矯正治療との大きな違いは、矯正装置を着けたり外したりできる点です。

 

ですが、インビザラインも固定式のアタッチメントと言う突起やエラスティックをかけるためのボタンを歯に装着しますので、厳密に言うと完全なる取り外し装置ではありません。患者さんにはしっかりこの点を説明しておかないと、「あれ、なんかこのデコボコが目立つ!」という事になります。今日はこのアタッチメントについて説明します。

 

 

 

アタッチメントの目的

インビザラインのアライナーが覆う歯の面積は意外と小さく、歯の高さた足りない10代や摩耗がひどい奥歯などはそのままだとパカパカとすぐ外れてしまいます。歯茎まで覆っていない事は見た目も装着感も良いのですが、アライナーの維持力という点では弱いと言えます。また、インビザラインは難易度の高い抜歯ケースなど治療が可能ですので、その際、できるだけ歯を平行移動に近い形で移動させるには、しっかりアライナーにフィットさせなくてはなりません。

 

そこで、歯に虫歯を治す際に使用する材料であるレジンで、歯と同じ色の様々な形の突起をつけ、アライナーと歯の設置面積を増やすのです。これにより、当初の予定通りに歯を動かす事ができるのです。

 

アタッチメントの形には丸状・三角状・四角状という順番で、サイズが大きくなり強くなっていきます。全ての歯に設置する訳ではなく、移動量の大きい歯に設置します。

 

そのまま、インビザラインの1クールのアライナーが終了するまで設置したままで、追加アライナー発注時もしくは治療終了時に全て撤去します。

 

 

アタッチメントの見た目

そもそもインビザラインを希望の方は、取り外しできる装置が良いという事だけでなく、目立たない装置が良いから選択したという方も多いです。ですから審美的にも配慮が必要になります。アタッチメント自体は、そんなに目立たないのですが、問題はアライナー側のくぼみの方の見え方になります。

※フラッシュありで撮影していますので、通常より光沢が目立つようにしています。

 

アライナーは使用してみるとわかるのですが、ちょっと歯が光沢がある感じに見えます。ですが、ここにアタッチメントを入れるくぼみが入ると、一部光の反射が変わります。これにより、前から見た時に「何か矯正装置が入っているのかな?」と気がつかれる可能性もあります。この問題は主に、上の前歯に起こります。

 

当院では、極力、必要性が少ないケースには上の前歯2本にアタッチメントを設置しません。ですが、歯の高さが短い方や開咬の方などは設置させていただいてます。