ブログ

とっても悩む!矯正装置の選び方

こんにちは、まきの歯列矯正クリニック【千葉県】院長の牧野です。

今回は、「矯正装置の選択はライフスタイルで決まる」という内容です。

 

 

 

治療装置をどれにするかは、相談に来られる方は皆さんかなり、迷うところです。「見えない方が良い」「取り外せる方が良い」という理由だけでは装置は選択できないからです。

 

 

 

 

 

当院の現在の主力治療メニューは3つです。

マウスピース矯正【インビザライン 】・裏側矯正【ハーフリンガル】・表側矯正【セラミックタイプ】の3つのタイプになりますそれぞれ、様々な特徴がありますので説明いたします。

※マウスピース矯正は以下商品名インビザラインと記します。

 

 

1.マウスピース矯正【インビザライン】

適応症が狭めです。向いているケースはざっくり言うと、面長のお顔の方で、前歯で食べ物がしっかり噛めない方です。

透明で見えずらいですが、完全に見えないわけではありません。取り外しの際に気がつかれます。

ある程度まとめてマウスピースをわたせますので、2か月に1回の通院で大丈夫です。

ご自身で装置の使用管理をしていただきます。ですから、治療結果は患者さんにかかっているといっても過言ではありません。

 

 

2.裏側矯正【ハーフリンガル】

適応症が多いと言えます。ハーフリンガルと呼ばれる上のみ裏側装置にするのであれば、ほぼ全てのケースが可能です。

前から装置が見えません。本当に治療をしている事に気がつかれません。

毎月の通院が必要ですが、処置時間が長めになりますのでアポイント枠を確保する事が難しくなります。上下裏側装置の場合は平日昼に通院できる方のみとなります。

専門の技工所で作成しますので、治療開始までにやや時間がかかります。ハーフリンガルの場合は先に下を進めます。

 

 

3.表側矯正【セラミックブラケット】

全てケースが適応です。また、金属アレルギーの方も、装飾品で皮膚が赤くなる程度であれば、ほぼ可能です(既往がある方も今までアレルギーが出て中止になった方はいません)。

白いセラミック装置に白いワイヤーを使用する事で少し離れたら治療している事に気がつかれません。

毎月の通院

一番費用が抑えめ
(追加で装置一時除去してもローコスト)

 

 

 

ライフスタイルで装置が決まります

現代人は多種多様なライフスタイルがあります。それぞれに合わせて適切な矯正装置というものがあります。

 

○忙しく毎月の決まった通院が難しい方

お子さんの育児で忙しい女性の方や、不規則な時間勤務のお仕事をされている方には、「通院頻度が開けられる事」、「毎回の処置時間が短い」、「緊急処置が少ない」などの理由からインビザラインを推奨します。

 

 

○メディア関係のお仕事をしてる方

取り外せるインビザラインも良いのですが、使用時間が少なく治らない可能性もあるため、裏側矯正もしくは、歯並びによってはハーフリンガルも推奨します。

 

 

○遠方に転居の可能性がある方

インビザライン・ハーフリンガルは転院先で治療継続は難しいと言えます(再契約のため費用が最初からかかる可能性)。表側矯正装置を推奨します。

 

 

○学校・教育・スポーツ関係の職業の方

表側ワイヤー矯正装置をつけ、矯正治療を行なっているお子さんのお手本に是非なってほしいと思っております。

 

 

○「出っ歯」で「前歯が深咬み」、目立たない矯正を希望の方

典型的なインビザライン非適応症になります。どちらかというと顎ががっしりとしたタイプです。ハーフリンガルもしくは表側矯正装置を推奨します。

 

 

この中にはあてはまらない方もいらっしゃると思います。一度無料相談で詳しくご説明ができます。

 

 

 

▶︎矯正装置の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加