ブログ

床矯正装置(拡大プレート)の説明書

床矯正装置は歯列の拡大や前歯の移動を行います。また、動かした歯を維持する効果があります。

 

 

 

使用方法

①毎日の使用時間                                  

スタンダードな使い方は、就寝時+学校で午前中使用の12時間使用です。

学校では昼食時は外した後、給食袋などに入れて持ってかえっていただくと管理がしやすいです。

 

 

②ご自身で取り外ししていただきます。

装置をつけたままで食事を取る事はできません。虫歯予防の観点から糖分の多い飲み物を飲まれる時は一度外してから飲んで下さい。

 

スポーツはつけたままでも問題ないのですが、息継ぎなどを考え、プールの際は外した方が良いです。楽器を吹く際は外した方が良いです。

 

 

③紛失・破損に注意して管理して下さい。

外出時には必ず空のケースを持参していただき、少しでも外す際はケースに保管して下さい。通常使用でも金属疲労でワイヤー部が折れたり、床部分が欠けたりと破損することがあります。  

 

※よくある事例を以下に書きます。注意して下さい。

 (状況によって再作費用を頂く場合があります。)

・外食時に装置をテッシュのにくるんでテーブルに置き、そのまま下げられ紛失してしまった。

・ケースに入れずポケットやカバンにしまい破損してしまった。

・噛んで装着したり頻繁に着脱して遊んでいたら破損してしまった。

 

 

④毎日、洗浄して下さい。

歯と同じようににプラークがつきます。不要になった歯ブラシで水洗いしましょう。特にスクリューやスプリングに汚れがたまりやすいです。そのままにしておくと臭いの原因になります。哺乳瓶用の消毒液などを使用する事は問題ないのですが、漂白剤や熱湯での洗浄は変形の危険性がありますので避けて下さい。

 

 

⑤調整のために、来院時に必ずお持ち下さい。

緩くなったフックを締めたり、歯茎にあたる部分を調整します。

 

 

拡大ネジについて

通常は、毎週決められた曜日に保護者の方がご自宅で回していただいます。

拡大ネジを回すのはお家の方のみにして下さい。カレンダーなどに記録をしておくと良いです。拡大後はしっかり装置がお口に入るかチェックしていただきます。使用時間が少ない場合は無理に装置を拡大せず、拡大を一旦お休みして下さい。

 

1週間ほど使用しないと、きつく装着できなくなります。ネジを戻すか、医院での調整が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加