ブログ

【男性向け】お顔の形別、ヒゲのではやし方

こんにちは。まきの歯列矯正クリニック(千葉県)院長の牧野です。

今回は、「歯並びによる骨格の問題は、ヒゲを生やす事でごまかせる」という内容です。

「顎がない」著しい上顎前突の方や、「顎が出ている」下顎前突の方の矯正治療方針は、外科的矯正治療といって顎手術を併用した矯正治療になる事があります。

 

ただし、矯正治療単独でも、上下の前歯位置を動かす事で口元の前後的バランスを治す事はでき事があります。

 

人の口元を評価する基準にEラインがあります。簡単に測り方を説明すると、鼻と下アゴの先を結んだラインから上下の唇がどれだけ前に出ているかを計測します。もちろんこれがライン上に乗っているのが理想的です。Eラインをそろえる方法はやはり矯正歯科治療が1番です。上下の歯の位置を動かす事で口元の位置も前後に移動するからです

 

ヒゲで横顔の印象が変わる。

実は、それ以外にもEラインをそろえる方法があるのです。それは、「ヒゲ」を伸ばす事です。
出っ歯傾向で口元が出ている人には、アゴヒゲを延ばす事で横顔が変わります。下アゴを前に出してEラインをごまかす感じです。
下アゴが長い方は逆に口ヒゲを延ばす事で、相対的に下アゴが目立たなくさせる事も可能です。

Eライン・顎ヒゲ

まあ、男性の方のみですけどね。
⇨それより矯正治療の方が横顔変わります。
このエントリーをはてなブックマークに追加